0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
 


A new video by the American National Standards Institute (ANSI) depicts an animated journey through the food safety assurance process and shows how our favorite food items can stay safe—from farms and factories to refrigerators.

The animated video presents two characters, Angie, a manager of a grocery store and mother, and Tim, an assessor at ANSI. While Angie supervises a team of food handlers and buyers, accepts deliveries, and helps customers, she hears that a favorite snack, blueberries, is impacted by a food-borne illness outbreak. Tim offers to explain food safety certification and the role of ANSI accreditation in the process.

As Tim explains, accreditation provides a layer of confidence to the entire food production system. And just like an onion, there are many layers to food safety. Each “layer” adds another dimension of confidence, credibility, and safety to the entire process. At the center of the onion is the “food” itself. This is protected by several layers:

  • The first layer of protection comes from the producers of the food, as they are responsible for assuring that their farm, manufacturing facility, suppliers, and distribution systems are safe.
  • The next layer is the certifier, also known as audit company. This layer evaluates, and then certifies the producer’s food safety processes, systems, and operations to established food safety standards.
  • The final layer of protection is the accreditation body, which serves to review the procedures, processes, and qualifications of the certifier’s personnel, and assess whether or not all the procedures are being followed, and whether or not personnel are competent to provide a food safety certification. In other words, the accreditation body “checks” the checkers.

The video brings up a very important point: the accreditation body doesn’t handle the food, the farmer, manufacturer, or supplier. Instead, they assess the certifier to assure that their practices conform to specified food safety requirements, that they have competent personnel, and that they operate with transparency and with impartiality.

Although certifiers or audit companies aren’t necessarily required to get accredited, having third-party accreditation offers many benefits. Major stakeholders include government agencies, companies, and international entities rely on accreditors, like ANSI, to assure consistency and integrity of certification bodies and the food safety certifications they issue.

For more on ANSI accreditation, visit www.ansiaccreditation.org.  



This post was written and contributed by:

Lane Hallenbeck
Vice President, Accreditation Services,
American National Standards Institute (ANSI).

Photo credit: Jose Antonio Rojo

 

@myGFSI

最新の動画

  • World Food Safety Day
  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification

さらに動画を見る

最新のニュース

  • コーデックスでのGFSIの声:GFSI-CCFICSパートナーシップへのインサイダーガイド - 2019/06/11

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    続きを読む

  • GFSI 審査員力量試験2019年7月より実施 - 2019/06/10

    この度、新しくGFSI力量試験が受験可能になったことをお知らせいたします。2018年3月6日にGFSIベンチマーキング要求事項バージョン7.2でGFSI審査員試験として発表されたこのツールは、GFSIの重要なコニュニティ内において、すべてのGFSI承認プログラムに関連した幅広いスキルにわたり、審査員の知識を評価するための一貫した方法を提供するものです。

    この度、新しくGFSI力量試験が受験可能になったことをお知らせいたします。2018年3月6日にGFSIベンチマーキング要求事項バージョン7.2でGFSI審査員試験として発表されたこのツールは、GFSIの重要なコニュニティ内において、すべてのGFSI承認プログラムに関連した幅広いスキルにわたり、審査員の知識を評価するための一貫した方法を提供するものです。

    続きを読む

  • GFSIコミュニティからHappy World Food Safety Dayをお祝いします - 2019/06/07

    GFSIコミュニティにハッピーワールドフードセーフティデー!食品安全についての意識を高めるためのこの最初となる、毎年開催れることとなる国連で承認されたワールドフードセーフティデーでは、ちょっと時間を割いてあなたの同僚が幸せなワールドフードセーフティデーを迎えるためにこのGFSIマッシュアップビデオを使用するようにお勧めします。世界中のテーブルの上の食べ物が安全に食べられるようにするために一年を通して一生懸命に働いているあなたの友人や同僚を祝福します。 

    GFSIコミュニティにハッピーワールドフードセーフティデー!食品安全についての意識を高めるためのこの最初となる、毎年開催れることとなる国連で承認されたワールドフードセーフティデーでは、ちょっと時間を割いてあなたの同僚が幸せなワールドフードセーフティデーを迎えるためにこのGFSIマッシュアップビデオを使用するようにお勧めします。世界中のテーブルの上の食べ物が安全に食べられるようにするために一年を通して一生懸命に働いているあなたの友人や同僚を祝福します。 

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る