0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
 

 

The North American meat and poultry industry is complex and highly variable. Companies engaged in this industry understand that consumers increasingly desire meat protein products. As we improve our efficiencies to meet rising demand, we are also improving food safety performance.

One of the successful tools being used by Tyson Foods and others to ensure the production of safe meat products is a third-party audit benchmarked by the Global Food Safety Initiative (GFSI). We use this tool both as an internal barometer and as a prerequisite to our relationships with suppliers and contract manufacturers.

Tyson supports GFSI as an industry initiative that works in harmony with regulatory and health agencies on a global scale and encourages adoption of internationally recognized methods of managing risk and reducing food safety failures. Companies, large or small, benefit by making improvements that align with audits that have been benchmarked against the GFSI Guidance Document. This collective, international approach recognizes that all of us are smarter when working together than any of us are individually in managing food safety.

Under GFSI, I have seen small businesses that supply Tyson implement the basics to achieve certification while larger more experienced operations’ teams, like ourselves, are adopting more robust methodologies that provide improved food safety performance for their higher-volume outputs. Striving to pass a "GFSI audit" drives improvement. GFSI is truly a tide that raises all ships.

Not surprisingly, many companies have historically required audits as means to bolster their confidence in a particular operation. While third-party audits are indeed a useful tool for advancing food safety, they also can be unnecessarily disruptive and duplicative. Multiple audits reviewing the same programs at the same location are redundant and detract from the management team’s focus as well as proper execution of programs in a facility.

Benchmarking multiple audit schemes against the Guidance Document requirements provides assurance that many of those common elements are included in the audit scope. At the same time, benchmarking ensures that there is equivalency of outcome, while preserving competition between auditing schemes and certification bodies.

Many of us in the North American meat industry use GFSI benchmarked audits to assess our suppliers and have successfully encouraged many of our customers to do the same. Adoption of the "once certified, recognized everywhere" philosophy saves money while improving efficiency and food safety performance. A properly planned and executed GFSI benchmarked audit, based on internationally recognized standards, can and does provide the information needed to assess and improve food safety systems.

It is for this reason that I encourage you to review the Benefits section of the GFSI website, specifically the GFSI Efficacy Study that reviewed the results at over 800 manufacturing locations across 21 countries.

I believe GFSI is truly making a positive difference in the world by encouraging adoption of recognized best practices within the industry. In demonstrating my commitment to GFSI, I am honored to represent Tyson Foods on the GFSI Board of Directors.


This post was written and contributed by:

Rick Roop

Senior Vice President Food Safety and Quality Assurance, Tyson Foods, USA
Member of the GFSI Board of Directors

@myGFSI

最新の動画

  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification
  • GFSI WebSeries: Cocoa for the Masses - from Nigeria to Global Markets

さらに動画を見る

最新のニュース

  • GFSIは2020年のグローバル・マーケット・アワードの応募申込を開始しました! - 2019/05/09

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、グリーンフェンスが後援し、実りある食品安全の旅を紹介する2020年グローバルマーケットアワードの申請登録を開始したことを喜ばしく思います。4回目となりましたアワードですが、世界中の企業がGFSIのグローバルマーケットプログラムを使用して、食品の安全性の向上と取り組みを進めてきた企業様に応募していただくことを目的としています。アワード選考委員会は、プログラムを使用し、自らの食品安全管理システムを改善し、ポジティブな結果を出すことができた中小企業(SME)を探しています。 

    続きを読む

  • 「私のボスはアメリカの消費者です」:フランク・イアナスがウォルマートの専門知識をFDAにどうやってもたらしたか - 2019/04/30

    今週のGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、食品安全文化についての現在の理解の基礎となる人物の1人である、米国FDAの食品政策および対応担当副コミッショナーであるフランク・イアナス氏をご紹介します。訓練を受けた微生物学者であるフランクは、行動科学は、成功する食品安全システムの開発にとって「ハードサイエンス」と同じくらい重要であると主張しています

    続きを読む

  • 2020 GFSIカンファレンスで業界リーダーと一緒にステージに上がる - 2019/04/29

    グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブが主催する次のGFSI世界食品安全会議のためのプログラムの構築するため、私たちは“講演の提案”の受付開始することに興奮しています。2020年2月25日から28日までワシントン州シアトルで開催されるGFSI世界食品安全会議で業界のリーダーやイノベーターとともにステージに上がる機会を得るため、6月7日金曜日までにご提案をお送りください。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る