0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ


Last month we saw over 1,000 professionals attend the Global Food Safety Conference in Berlin to discuss trends and new technologies, anticipating the future of food safety.

Behind the scenes, right before the event happened, we were working on some groundbreaking projects that truly launch GFSI as a public-private partnership - the United Nations Industrial Development Organization (UNIDO) and GFSI established a strategic partnership for large-scale Food safety capacity building programs. In addition, the GFSI Board met with representatives from 15 governments and several intergovernmental organizations, discussing the opportunity for certifications from GFSI recognized schemes be considered in their risk assessments.


The GFSI board meeting conversations followed the same visionary tone as we set our priorities for the coming year, which I am now glad to share with you.

I believe our priorities and deliverables will be addressing long-term challenges, making a positive impact on a global scale:

  • We will focus on food safety scheme assurance and harmonization, launching the 7th Edition of the landmark GFSI Guidance Document (V7), benchmarking new and existing schemes to V7, inserting the first stage of Program Integrity/Auditor Competence into V7, and engaging retailers to increase alignment with GFSI;

  • We will increase our thought leadership on food safety capability building by designing an overarching global plan that will include identifying priority countries, partners and KPIs. We will develop a playbook based on Global Markets Initiative and create strategies for China and the ASEAN region;

  • We will continue to establish government partnerships by developing a strategy on technical equivalence and getting started on more concrete work such as communicating the role of GFSI in FSMA compliance in the United States, supporting alignment of China HACCP to V7 and using GFSI to support convergence of EU standards.

There is a lot of work ahead of us, but I am excited, and I am energized because all of you have chosen to be part of it.

I hope we are able to fuel your interest for joining us and being part of the efforts that will allow access to safe food to all. If you are already working with GFSI, roll up your sleeves and bring your ideas and insights to make it happen, if you are not, connect with us today and learn how you too can be part of the future of food safety.  



This post was written and contributed by:

Mike Robach
Chair of the GFSI Board of Directors
Vice President, Corporate Food Safety, Quality & Regulatory, Cargill, Inc., USA

@myGFSI

最新の動画

  • World Food Safety Day
  • Where Science Meets Industry: Practical Outcomes of GFSI's Technical Working Group on Chemicals in Food Hygiene

さらに動画を見る

最新のニュース

  • 「すべての小規模企業がそれを実現できる」:パティスリー・バイヨンのグローバル・マーケット・アワードへの段階的な道 - 2019/06/25

    毎年、GFSIグローバル・マーケット・アワードの選考委員会は、Greenfence様のご支援を受けて、4つの年間賞のうちの1つについては、GFSI世界食品安全会議の開催国にある中小企業から授与されます。2019年、この賞は注目に値するパン屋に行きました:フランスの地方の名物のチーズケーキ製造業者のパティスリー・バイヨンです。

    毎年、GFSIグローバル・マーケット・アワードの選考委員会は、Greenfence様のご支援を受けて、4つの年間賞のうちの1つについては、GFSI世界食品安全会議の開催国にある中小企業から授与されます。2019年、この賞は注目に値するパン屋に行きました:フランスの地方の名物のチーズケーキ製造業者のパティスリー・バイヨンです。

    続きを読む

  • 科学が産業と出会う場所:食品衛生における化学物質に関するGFSIワーキンググループの実践的成果 - 2019/06/18

    業界では消毒剤、衛生剤、洗浄剤など、消費者にとって安全な食品を確保するために多くの化学物質を使用しています。欧州委員会および消費者団体からのこれらの重要な製品の安全性に関する懸念に応えて、GFSIは食品衛生における化学物質のリスクと利点に取り組むために科学者と業界の専門家からなるテクニカル・ワーキング・グループ(技術作業部会)を発足しました。

    業界では消毒剤、衛生剤、洗浄剤など、消費者にとって安全な食品を確保するために多くの化学物質を使用しています。欧州委員会および消費者団体からのこれらの重要な製品の安全性に関する懸念に応えて、GFSIは食品衛生における化学物質のリスクと利点に取り組むために科学者と業界の専門家からなるテクニカル・ワーキング・グループ(技術作業部会)を発足しました。

    続きを読む

  • コーデックスでのGFSIの声:GFSI-CCFICSパートナーシップへのインサイダーガイド - 2019/06/11

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

さらにブログ投稿記事を見る