0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ

 

The key to success in any line of business? Collaboration. This holds true in the private label industry where retailers, manufacturers and suppliers are dealing with global food supply chains that are becoming more and more complex. The quality and safety of food has always been at the forefront for food companies, but last year’s high profile food safety scares put food safety at the forefront of consumers’ minds as well. Supply chain collaboration is crucial in the event of a food safety crisis. When a contaminant such as Listeria or E. coli is detected, the amount of time it takes to pinpoint the cause and notify those affected could mean the difference between a low-level scare and the potential loss of millions of dollars, and most severely, lives.

Each year, Trace One conducts research in the food private label industry to gauge how supply chain partners are communicating and the efficiency of their processes. Participants are asked about the tools they use to communicate and share information, as well as how collaboration and transparency impacts respondents’ businesses and what they consider to be major collaboration challenges in today’s private label industry.

The biggest takeaway from last year’s survey was that, though participants can see the value of collaboration, their ability to communicate effectively and in real-time remains a challenge. Surprisingly, a large number of respondents said they cannot identify or collaborate with their direct supplier network. Nearly one in four rated their collaboration as “fair” or “poor,” and 43 percent say they still use offline tools such as spreadsheets and the telephone as their primary form of communication with their suppliers and manufacturers. The issue with using offline tools is that it often impedes on collaboration efforts because offline tools cannot be updated in real-time globally. Paperwork also tends to be less reliable than online tools, as it is easily misplaced and often difficult to quickly share across long distances.

Effective collaboration throughout the supply chain is critical to preventing and managing food contaminant outbreaks. The recent recall of Starbucks breakfast sandwiches is a good example of how effective collaboration prevented what could have turned into a national crisis. When traces of Listeria were found in a Starbucks production facility, the company was able to pinpoint the affected products and limited stores that sold the product and issue a recall in a fast manner. As a result, no illnesses have been reported to date.

Unfortunately, there are instances where identifying the source of contamination becomes a lengthy process, and as a result, the outbreak becomes more severe. The recent Dole Listeria outbreak began in September 2015, but the source of Listeria was not linked to Dole until late January 2016, after 15 hospitalizations over six states and one death. In other cases, such as the Chipotle E. coli outbreak in 2015, the source of the outbreak was never discovered and 55 people became ill, and consumer trust remains damaged.

Trace One’s survey also identified several barriers to collaboration that retailers, manufacturers and suppliers face. Forty-four percent identified dealing with multiple technologies as their biggest collaboration challenge, and nearly half of respondents said a lack of communication also posed a significant risk to handling food safety concerns. Trace One continues to monitor these barriers with its annual surveys, including the third private label collaboration benchmark survey, currently underway. This survey will continue to provide insight into supply chain communication, collaboration, visibility and the top challenges facing private label companies.

We’d greatly appreciate your opinion on private label practices again this year! Click here to take Trace One’s anonymous, global benchmark survey and contribute to further the industry’s Private Brand market knowledge.

Contributed by :

@myGFSI

最新の動画

  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification
  • GFSI WebSeries: Cocoa for the Masses - from Nigeria to Global Markets

さらに動画を見る

最新のニュース

  • GFSIは2020年のグローバル・マーケット・アワードの応募申込を開始しました! - 2019/05/09

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、グリーンフェンスが後援し、実りある食品安全の旅を紹介する2020年グローバルマーケットアワードの申請登録を開始したことを喜ばしく思います。4回目となりましたアワードですが、世界中の企業がGFSIのグローバルマーケットプログラムを使用して、食品の安全性の向上と取り組みを進めてきた企業様に応募していただくことを目的としています。アワード選考委員会は、プログラムを使用し、自らの食品安全管理システムを改善し、ポジティブな結果を出すことができた中小企業(SME)を探しています。 

    続きを読む

  • 「私のボスはアメリカの消費者です」:フランク・イアナスがウォルマートの専門知識をFDAにどうやってもたらしたか - 2019/04/30

    今週のGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、食品安全文化についての現在の理解の基礎となる人物の1人である、米国FDAの食品政策および対応担当副コミッショナーであるフランク・イアナス氏をご紹介します。訓練を受けた微生物学者であるフランクは、行動科学は、成功する食品安全システムの開発にとって「ハードサイエンス」と同じくらい重要であると主張しています

    続きを読む

  • 2020 GFSIカンファレンスで業界リーダーと一緒にステージに上がる - 2019/04/29

    グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブが主催する次のGFSI世界食品安全会議のためのプログラムの構築するため、私たちは“講演の提案”の受付開始することに興奮しています。2020年2月25日から28日までワシントン州シアトルで開催されるGFSI世界食品安全会議で業界のリーダーやイノベーターとともにステージに上がる機会を得るため、6月7日金曜日までにご提案をお送りください。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る