0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ

Food-borne disease outbreaks are on the increase. Globally, thousands of people are affected every year, and 1 in 5 outbreaks implicate the food service industry.

A recent report published by the European Food Safety Authority (EFSA) and the European Centre for Disease Prevention and Control (ECDC), confirmed a total of 5,196 food-borne and water-borne outbreaks, 43,183 human cases, 5,946 hospitalisations and 11 deaths in the European Union (EU) alone in 2013. Among these, 22.2% of outbreaks were associated with restaurants, hotels, cafes, pubs and bars (EFSA Journal 2015; 13(1): 3991).

Despite the different preventative and control measures already in place in the food industry, as well as in catering and food service environments, the number of food-borne disease outbreaks continues to rise, worldwide.

Safety System Failures

Publicly available recall data and the media coverage of outbreaks often point to manufacturers and processors being the primary cause of contaminated foods. However, in many cases food safety system failures are being manifested through breaches of food safety regulations and protocols, post processing e.g. failure to ensure critical procedures (cleaning, separation of raw and cooked meat) are effectively followed, insufficient food safety related records kept, ineffective training, etc.

Human error

Food handling errors such as inadequate cooking, inappropriate time/temperature controls and cross contamination have also commonly been implicated in food-borne outbreaks. In the USA, the most recently published CDC figures indicate that in the period between 2009-2012, restaurants accounted for almost two-thirds of norovirus outbreaks, and catering or banquet facilities accounted for 17%, implicating food handler intervention in 70% of cases.

The role of infected food handlers in the transmission of food-borne pathogens during food preparation is well established, and is often attributed to a lack of adequate food safety knowledge. The biggest knowledge gaps have been identified in relation to temperature control, sources of food contamination and high-risk foods, making those the basis for further review and improvement in food safety training. However, even when sufficient food safety knowledge has been demonstrated, practices may not be consistent with required standards. Time constraints, lack of resources (e.g. financial, time, supplies, etc.) and behavioural issues, including those related to employee motivation, are often reported as key barriers to ensuring safe food handling practices

Focus on Safety in Food Service

At the 2016 GFSI Conference, Berlin, on March 3 at 8:00am, SGS will present “Shaping Food Safety Culture in Food Service – Challenges, Opportunities and Key Drivers”. Take the opportunity to hear about the global threat imposed by unsafe practices in both food production and handling by joining the SGS Special Session. We will discuss the key barriers and drivers to compliance behaviours within a food service establishment and explore how a food safety culture can build on the foundations of established food safety management systems and improve performance in the food service industry.

Our speakers will include:

  • Mr Muhammad Ihsanullah, Director of Food Safety & EHS, Rotana, Dubai
  • Dr Angelika Tritscher, Risk Assessment and Management, WHO, Switzerland
  • Dr Joanne Taylor, Training and Research Director, Taylor Shannon International, Dubai

The session will be moderated by Peter Hvidberg, Global Business Manager, Travel & Hospitality, SGS, Switzerland.

Dr Evangelia Komitopoulou, Global Technical Manager for Food, SGS United Kingdom, is an expert food microbiologist. With a career that spans food technical consultancy, trouble-shooting and contract applied research and development, Evangelia is the author and editor of many technical reports and articles

About SGS
SGS is a leading independent third-party service provider offering efficient solutions to help safeguard quality, safety and sustainability throughout all stages of the global food supply chain. SGS is the world’s leading inspection, verification, testing and certification company and recognised as the global benchmark for quality and integrity. With more than 85,000 employees, SGS operates a network of over 1,800 offices and laboratories around the world.

Contributed by
Dr. Evangelia Komitopoulou
Global Technical Manager for Food
SGS United Kingdom Ltd

@myGFSI

最新の動画

  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification
  • GFSI WebSeries: Cocoa for the Masses - from Nigeria to Global Markets

さらに動画を見る

最新のニュース

  • GFSIは2020年のグローバル・マーケット・アワードの応募申込を開始しました! - 2019/05/09

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、グリーンフェンスが後援し、実りある食品安全の旅を紹介する2020年グローバルマーケットアワードの申請登録を開始したことを喜ばしく思います。4回目となりましたアワードですが、世界中の企業がGFSIのグローバルマーケットプログラムを使用して、食品の安全性の向上と取り組みを進めてきた企業様に応募していただくことを目的としています。アワード選考委員会は、プログラムを使用し、自らの食品安全管理システムを改善し、ポジティブな結果を出すことができた中小企業(SME)を探しています。 

    続きを読む

  • 「私のボスはアメリカの消費者です」:フランク・イアナスがウォルマートの専門知識をFDAにどうやってもたらしたか - 2019/04/30

    今週のGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、食品安全文化についての現在の理解の基礎となる人物の1人である、米国FDAの食品政策および対応担当副コミッショナーであるフランク・イアナス氏をご紹介します。訓練を受けた微生物学者であるフランクは、行動科学は、成功する食品安全システムの開発にとって「ハードサイエンス」と同じくらい重要であると主張しています

    続きを読む

  • 2020 GFSIカンファレンスで業界リーダーと一緒にステージに上がる - 2019/04/29

    グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブが主催する次のGFSI世界食品安全会議のためのプログラムの構築するため、私たちは“講演の提案”の受付開始することに興奮しています。2020年2月25日から28日までワシントン州シアトルで開催されるGFSI世界食品安全会議で業界のリーダーやイノベーターとともにステージに上がる機会を得るため、6月7日金曜日までにご提案をお送りください。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る