0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ


Jan Kranghand
METRO Cash & Carry
Director Regional QA MCCI Asia/Head of QA MCC China

We interviewed Jan Kranghand, a Global Food Safety Conference delegate who has attended an astounding 12 out of the 13 editions of the annual event. Jan kindly took the time to tell us his about his GFSC experience!

You go way back with the Global Food Safety Conference, don’t you? 
Yes, I have attended all but one conference! The one I missed was in Orlando, as I was in the middle of being relocated to China for my job.

Why did you first attend the GFSC? 
I was actually in the group of first-movers to set up the Global Food Safety Initiative, together with Kevin Swoffer and Jill Hollingsworth, the founder of the benchmark model.

You were a founding member” of the GFSI! Over the years, you’ve remained highly engaged it its work. Does attending the GFSC have a role to play in that?
Yes, I have been a chairman of a number of working over the years (Certification/Accreditation, Guidance document, Global Markets) and on the side line of the conferences we always had our Technical Working Group (TWG) meetings.

Besides that I have presented in a number of break-out sessions to give updates of the status and progress of that particular TWG. At the moment I am the Chairman of the Steering Committee of our local GFSI TWG in China.


What stands out most in your memory?

The time that Jill, Kevin and I locked ourselves up in the office of the FMI (Food Marketing Institute) in Washington for a couple days together with a pile of more than 100 food safety standards. Our aim was to write the one and only global food safety standard, but after some days of discussions we decided to create the - still existing - benchmark model.

Another thing that stands out for me is the harmonious way of working together with an array of industry peers discussing how to improve food safety globally.

What do you always look forward to the most?
At each and every conference we always formed a small group during the dinners and started singing songs from all kinds of different countries.

Favorite country?

They are all good!

Best networking moment?
It is difficult to remember one, because over the years there have been so many beautiful moments.

Most memorable presentation?
Frans Muller, former CEO of METRO Cash & Carry at the Munich conference.

Key take-aways? 
I have done many things within the GFSI framework, but for me the Global Markets model is a proof that we are really working on enhancing the food safety level on a global scale. I am still very honored to have had the opportunity to be the first chairman of the Global Markets working group.

Thank you so much for taking the time to share your GFSC story with us!
It’s truly inspirational and a great testimony to the work of the GFSI and the collaboration of food safety experts around the world via the Global Food Safety Conference. 

@myGFSI

最新の動画

  • World Food Safety Day
  • Where Science Meets Industry: Practical Outcomes of GFSI's Technical Working Group on Chemicals in Food Hygiene

さらに動画を見る

最新のニュース

  • 「すべての小規模企業がそれを実現できる」:パティスリー・バイヨンのグローバル・マーケット・アワードへの段階的な道 - 2019/06/25

    毎年、GFSIグローバル・マーケット・アワードの選考委員会は、Greenfence様のご支援を受けて、4つの年間賞のうちの1つについては、GFSI世界食品安全会議の開催国にある中小企業から授与されます。2019年、この賞は注目に値するパン屋に行きました:フランスの地方の名物のチーズケーキ製造業者のパティスリー・バイヨンです。

    毎年、GFSIグローバル・マーケット・アワードの選考委員会は、Greenfence様のご支援を受けて、4つの年間賞のうちの1つについては、GFSI世界食品安全会議の開催国にある中小企業から授与されます。2019年、この賞は注目に値するパン屋に行きました:フランスの地方の名物のチーズケーキ製造業者のパティスリー・バイヨンです。

    続きを読む

  • 科学が産業と出会う場所:食品衛生における化学物質に関するGFSIワーキンググループの実践的成果 - 2019/06/18

    業界では消毒剤、衛生剤、洗浄剤など、消費者にとって安全な食品を確保するために多くの化学物質を使用しています。欧州委員会および消費者団体からのこれらの重要な製品の安全性に関する懸念に応えて、GFSIは食品衛生における化学物質のリスクと利点に取り組むために科学者と業界の専門家からなるテクニカル・ワーキング・グループ(技術作業部会)を発足しました。

    業界では消毒剤、衛生剤、洗浄剤など、消費者にとって安全な食品を確保するために多くの化学物質を使用しています。欧州委員会および消費者団体からのこれらの重要な製品の安全性に関する懸念に応えて、GFSIは食品衛生における化学物質のリスクと利点に取り組むために科学者と業界の専門家からなるテクニカル・ワーキング・グループ(技術作業部会)を発足しました。

    続きを読む

  • コーデックスでのGFSIの声:GFSI-CCFICSパートナーシップへのインサイダーガイド - 2019/06/11

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

さらにブログ投稿記事を見る