0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ

As contributed by Chris Anstey, Independent Consultant to the GFSI Global Markets Working Group to Food Quality Magazine, Autumn 2014 Issue. Food Quality Magazine is targeted to food safety professionals with the aim to provide them with up to date information to help them to develop, maintain and improve their food safety and quality management system. With the focus on the GFSI (Global Food Safety Initiative) approved standards, there are frequent articles on topics of BRC, IFS, FSSC22000 and similar standards development and requirements.

 If you were working in food safety in the ‘90s, you will remember a series of high-profile international food safety crises. Audit fatigue was prevalent within the industry as retailers and brand manufacturers audited factories against their own standards, developed in isolation and with no consideration of convergence. Your professional contacts may have been limited to the people you worked with, your personal network may have stemmed from your university days. 

Fast forward to 2014 and you have your Linked-In groups, access to countless news feeds and your web browser will answer any question you can think of. You may also participate in the unique, neutral platform called the Global Food Safety Initiative (GFSI). Following 14 years of steady growth and achievement, it can rightly claim to be the biggest example of technical cooperation in one of the world’s biggest industries.

How GFSI started
It started in the ‘90s with three crises in Europe: BSE, Dioxin and Listeria. The CEOs of the world’s food retailers, working through their independent network, CIES - The Food Business Forum, now the Consumer Goods Forum (CGF), agreed to take collaborative action to improve consumer confidence. In May 2000, GFSI was founded.

The Proposal
The original vision in 2000 remains a compelling message: “Once certified, accepted everywhere.” That reflected the first steps that were taken to find a convergence of approach through benchmarking. The aim for the benchmarking model was to credibly determine equivalency between food safety schemes, whilst leaving flexibility and choice in the marketplace. The harmonisation of food safety standards would increase transparency and efficiency in the supply chain, cut costs and provide assurance of safe food for consumers worldwide.


GFSI Today
GFSI has developed beyond benchmarking. Its collaborative approach brings together international food safety experts from the entire supply chain at Technical Working Groups and Stakeholder meetings, conferences and regional events. Everything is done collaboratively by experts from companies, scheme owners, academics and governments. These Working Groups have delivered ground-breaking change to food safety management schemes through six revisions of the GFSI Guidance Document, which contains the benchmarking requirements. They have pioneered entry level unaccredited assessment for small and less developed suppliers through the GFSI Global Markets Programme. They are in the process of developing a global food safety auditor programme. In short, the world of food safety professionals and their ways of working have become global, just like food supply chains.

How GFSI works
Strategic direction for GFSI is provided by an industry-driven Board of Directors, supported by the CGF Board composed of 50 CEOs from the world’s biggest food companies. The GFSI Board is responsible, with the support of the GFSI Team, for the general management and performance of GFSI.

The recognised schemes
The GFSI Guidance Document has been developed to recognise the various scopes under which schemes operate. The 14 scopes include animal and plant production, processing, feed manufacture, packaging and storage and distribution... Continue reading on page 10 

Read entire article on pages 10-13 of Food Quality Magazine

@myGFSI

最新の動画

  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification
  • GFSI WebSeries: Cocoa for the Masses - from Nigeria to Global Markets

さらに動画を見る

最新のニュース

  • GFSIは2020年のグローバル・マーケット・アワードの応募申込を開始しました! - 2019/05/09

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、グリーンフェンスが後援し、実りある食品安全の旅を紹介する2020年グローバルマーケットアワードの申請登録を開始したことを喜ばしく思います。4回目となりましたアワードですが、世界中の企業がGFSIのグローバルマーケットプログラムを使用して、食品の安全性の向上と取り組みを進めてきた企業様に応募していただくことを目的としています。アワード選考委員会は、プログラムを使用し、自らの食品安全管理システムを改善し、ポジティブな結果を出すことができた中小企業(SME)を探しています。 

    続きを読む

  • 「私のボスはアメリカの消費者です」:フランク・イアナスがウォルマートの専門知識をFDAにどうやってもたらしたか - 2019/04/30

    今週のGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、食品安全文化についての現在の理解の基礎となる人物の1人である、米国FDAの食品政策および対応担当副コミッショナーであるフランク・イアナス氏をご紹介します。訓練を受けた微生物学者であるフランクは、行動科学は、成功する食品安全システムの開発にとって「ハードサイエンス」と同じくらい重要であると主張しています

    続きを読む

  • 2020 GFSIカンファレンスで業界リーダーと一緒にステージに上がる - 2019/04/29

    グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブが主催する次のGFSI世界食品安全会議のためのプログラムの構築するため、私たちは“講演の提案”の受付開始することに興奮しています。2020年2月25日から28日までワシントン州シアトルで開催されるGFSI世界食品安全会議で業界のリーダーやイノベーターとともにステージに上がる機会を得るため、6月7日金曜日までにご提案をお送りください。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る