0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ

DE2A6611 low


Leaders from major retail, manufacturing, primary production and food service operations who make up the GFSI Board of Directors met in Tokyo today ahead of GFSI's 2018 Global Food Safety Conference. 

The 17th edition of the conference is poised to be the largest CGF and GFSI event yet, setting a new record with some 1,200 participants from 52 countries. As GFSI celebrates 18 years of food safety in 2018, this milestone conference serves as a fitting illustration of the growth achieved since GFSI was founded in 2000. More than ever before, GFSI is the industry's rendezvous for the advancement of food safety globally.

     DE2A6689 high      DE2A6758 high     

     DE2A6672 high      DE2A6875 high

The individuals serving on the GFSI Board of Directors and the companies they represent dedicate time and resources on a voluntary basis to drive food safety advances for the benefit of the consumer via the Global Food Safety Initiative. They share a common understanding that food safety is a non-competitive issue and an agreement that everyone has a right to safe food. 

GFSI Board members span the entire food industry, representing regional and multi-national operations, and come together with GFSI to achieve collaboratively what no one company could do alone. Throughout the year, they work closely alongside the CGF and GFSI team members to pursue the GFSI objectives.

DE2A6817 high

New technologies, advancing science, the emergence of new players and the rise of e-commerce are creating a highly complex environment for food operators. GFSI has relentlessly focused on following this evolving food industry landscape and meeting new challenges. In fact, GFSI recently welcomed some valuable new additions to its Board of Directors to reflect this, bringing in new leading actors from players such as food service, e-retail, traditional retail, primary production and manufacturing. 

DE2A6794 high    DE2A6685 high

The role of the Board is to provide the strategic direction for GFSI in line with key industry needs. To do so, they draw on their own experience as well as a wide stakeholder group, notably that of the annual Stakeholder Meeting alongside the Global Food Safety Conference. The Board also provides the mandates to the GFSI Technical Working Groups and GFSI Local Groups. Audiences at the Global Food Safety Conference will receive an extensive update on the work of GFSI around the world at the GFSI & You session kicking off the conference tomorrow morning. 

Today, the Board members include Aeon, Ahold, Amazon, Auchan, BRF, Cargill, Carrefour, The Coca Cola Company, COFCO, Costco, Danone, Dole, McDonalds, METRO Group, Mondelez, Nestlé, New Hope Liuhe, Tesco, Tyson, Walmart and Wegmans. Meet the GFSI Board Members.

GFSI Board logo panel

@myGFSI

最新の動画

  • World Food Safety Day
  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification

さらに動画を見る

最新のニュース

  • 認定された認証を推進する:GFSI-IAFパートナーシップの将来 - 2019/06/04

    このGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、GFSIの重要なパートナー組織の1つである、国際認定フォーラム(IAF)の2人の代表者からお聞きしました。IAFの多国間承認協定(MLA)に対するGFSIの承認は、ベンチマーク要件に組み込まれています。

    このGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、GFSIの重要なパートナー組織の1つである、国際認定フォーラム(IAF)の2人の代表者からお聞きしました。IAFの多国間承認協定(MLA)に対するGFSIの承認は、ベンチマーク要件に組み込まれています。

    続きを読む

  • スティーブ・ワーレン氏が、コーデックス委員会の5つの重要な目標について、そしてGFSIがそれをどうやってサポートできるかを説明します - 2019/05/28

    GFSI エキスパートシリーズのすべてのゲストが少なくとも1つの有名な肩書を有しているのに対して、スティーブ・ワーレン氏は2つの肩書を持っています。彼はコーデックス委員会副委員長および英国金融庁の科学部長です。

    GFSI エキスパートシリーズのすべてのゲストが少なくとも1つの有名な肩書を有しているのに対して、スティーブ・ワーレン氏は2つの肩書を持っています。彼はコーデックス委員会副委員長および英国金融庁の科学部長です。

    続きを読む

  • アフリカの食品安全大使:ゴールデンシュガーカンパニーのGFSIアワードへの旅 - 2019/05/21

    世界保健機関(WHO)によると、食中毒の危険性が1億2,700万人に上り、年間91,000人が死亡しており、アフリカほど食中毒の発生率が高い大陸はありません。幸いなことに、GFSIには、食品安全文化を根本から変えている地域の大使が増えています。

    世界保健機関(WHO)によると、食中毒の危険性が1億2,700万人に上り、年間91,000人が死亡しており、アフリカほど食中毒の発生率が高い大陸はありません。幸いなことに、GFSIには、食品安全文化を根本から変えている地域の大使が増えています。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る