0

Read in English English (EN)

DNVGLBANNER

調査によると、新しい技術のアプリケーションを模索しながらも、食品業界のリーダーの79%が認証を規制内にとどめるための最優先事項として位置付けています。

  • 認証の最大のメリットは、安全性と品質が向上とともに規制を遵守する能力の向上があげられます。
  • 汚染などのオペレーショナルリスク、および食品安全文化の欠如は、企業にとって圧倒的な食品安全の脅威です。
  • DNV GLとGFSIの調査の一環として、世界中で1,600人を超える業界の専門家が調査に参加しました。

2019 年2月28日、フランス、ニース -  世界有数の認証機関の1つであるDNV GLと、ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラムが主導する世界食品安全イニシアチブ(GFSI)が今週、グローバル食品の将来に関する調査結果をニースで開催されたGFSI世界食品安全会議で発表しました。調査には、1600人以上の業界専門家からのフィードバックが含まれており、食品安全性を向上させるための最も効率的なツールとして認証が確認されました。

調査によると、企業の大多数が認証をビジネスの必要性と「貿易へのパスポート」(79%)と見なし、半数以上(53%)が認証を業界全体の食品安全を改善する手段と見なしています。規制への順守能力の向上(86%)は、認定の最も高い評価を得ている利点であり、安全性と品質の向上は、2番目にもたらされています。

サプライチェーンがかつてないほど複雑になり、バリューチェーン全体で食品の安全性を管理することへの圧力が高まっている中で、認証は業界の食品安全プログラムとサプライチェーン全体の改善を推進する鍵となります。

業界は認証を最優先事項と位置づけ、業界のリーダーたちは食品の安全性を改善するためにデジタルソリューションを実際に適用する方法を模索しています。現在、食品安全を確保するために新しいデジタル技術を使用している企業は10社に1社しかなく、長期的にはより積極的に対応している企業が10社中4社近くに増えています。今後12〜18か月のうちにデジタルソリューションに投資する金額を知ると、14%がこの分野にはまったく投資しないと答えました。  

世界食品安全イニシアチブ(GFSI)のディレクター、Veronique Discours-Buhot は、 次のように述べています。 says「認証は、食品業界の主要な関係者にとって大きな関心事ですが、同時に大きなチャンスでもあります。調査の結果は、認証がバリューチェーン全体で前向きな変化を推進しようとしているビジネスの中心にあることを明確に示しています。

製造業者と小売業者は、認証プロセスにおいて完全な透明性を維持して、自社の取り組みと消費者の懸念との間の信頼ギャップを埋めるのを助ける必要があります。 技術投資への暫定的なアプローチはまだありますが、正しい枠組みを整える ことで、組織は より安全な製品を生産することに集中できるようになります。」

DNV GL-ビジネスアシュアランスのグローバル事業開発担当ディレクター、Ingunn Midttun Godal氏は、次のように述べています。  「この調査では、消費者の健康、コンプライアンス、および顧客のニーズに牽引されています。認証は、リスク管理の中心であり続け、サプライチェーン全体に利益をもたらします。そして驚くことではありませんが、全体論的アプローチを取っている人が最も利益を得ると考えます。

将来を見据えて、食品安全文化とデジタル化はますます大きなチャンスです。議題における食品安全文化の高まりは、人間的要素を強調しています。新しいデジタル技術は、食品の安全性に対処するための広範な手段ではないようです。しかし、すでに企業が恩恵を受け、認証プロセスの透明性を高め、サプライチェーンを管理し、消費者の信頼を築くのを見ています。デジタル化は、食品の安全性を向上させる新たな機会を提供し、その可能性を十分に活用する唯一の方法は、協力し続けることです。」

 

- 以上 -

 

DNV GLについて

dnvgl logo1DNV GLはグローバル品質保証およびリスク管理会社です。生命、財産、および環境を保護するという私たちの目的に基づいて、私たちはお客様が彼らのビジネスの安全性と持続可能性を向上させることを可能にします。起源は1864年までさかのぼり、100カ国以上で事業を展開している当社の専門家は、お客様が世界をより安全で賢く、より環境に優しいものにするお手伝いをしています。世界有数の認証機関の1つとして、認証、検証、評価、およびトレーニングサービスを通じて、企業が自社の組織、製品、人、施設、およびサプライチェーンのパフォーマンスを保証するのを支援します。お客様とのパートナーシップを通して、技術、デジタル、および業界の専門知識を組み合わせて、企業の意思決定と行動を強化しています。.

詳細については、 dnvgl.com/viewpointをご覧ください 。

GFSIについて

gfsiLogoe1GFSI(グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ)は、世界中の食品安全管理システムの継続的な改善を協働で推進するために、食品業界の主要な関係者が集まり活動をしています。“すべての消費者に安全な食品を”のビジョンとともに、2000年に食品業界のリーダーたちが、サプライチェーンにおける消費者の信頼を構築するため、特に重要な懸念事項である、食品安全リスクの軽減、重複監査、監査コストなどに対する解決策を協働で見つけるため、GFSIを設立しました。GFSIには、世界中で食品安全をリードする専門家達が、リテーラー、メーカー、フードサービスと同様に国際組織、行政機関、学術機関、世界の食品業界へサービスする企業などがボランティアで参加しています。GFSIは、“より良いビジネスを通して、より良い暮らしを”を推進するグローバルな業界ネットワークである、コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)の下、活動をしています。

詳細については、www.mygfsi.comをご覧ください 。

食品安全をダウンロードするには:未来を保証するために次に何が必要ですか?- ここをクリック

このレポートに関連する画像をダウンロードするには - ここをクリックしてください

メディアコンタクトDNV GL:Cecilie Løne、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。, +47 90581704

メディアコンタクトGFSI:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。