0

Read in EnglishEnglish (UK)

 

NFS Blog Blockchain1


ブロックチェーンの技術は、消費者の信頼と透明性を生み出すためのツールとして牽引力を増し続けています。ブロックチェーンの旅の次のステップであるガバナンスと規制制度の設定においては、いくつかの興味深い疑問が生じます。サプライチェーン全体で公平性を保ち、組織に参加を促すよう動機付けし、プライバシーを保護するにはどうすればよいでしょうか?

私にとって、今年の世界食品安全会議の素晴らしかったところは、伝統的な、そして概して成功しているアプローチを補完するため、食品安全において新しくより良い方法への渇望を直接経験できたことでした。消費者の信頼と透明性の分野で、私たちがブロックチェーンで行ってきた進展を共有できるのは喜ばしいことでしたが、私が最初にお伝えし、常に言い続けてきたように、新しいものは古いものより良いとは限りません。問題を解決するためには、どのような調達方法であろうと、適切なツールを見つける必要があります。この点で、経験豊富な監査人による古き良き対面監査の訪問が、技術に置き換えられない状況があると信じています。「正しいことをすること」における人的要因は、業界として克服しなければならない最大の課題です。

そのため、ブロックチェーンのエコシステムにおけるガバナンスと規制制度をどのように設定するかについては、いくつかの興味深い疑問が生じます。食品業界におけるブロックチェーンの出現は、これらの重要なシステムをどのように改善するかについて、根本的な再考の大きな機会を私たち全員に提供するでしょう。

あるレベルでは、ブロックチェーンはこれまで不可能だったレベルの信頼を生み出すことができます。購買顧客は、文字通り自分の肉で何を得ているのか - 農場、農家、品種、福祉 - を見ることができます。経済学者が言っているように、「それはお互いを知らない、信頼していない人々に関係者全員の同意を強要し誰が所有しているかという記録を作成する方法を提供します。真実を作成し保存する新しいやり方です。」しかも、一切の人間の介入なしに不変の活動と取引の記録を保持し、共有する完全に自動化され、コンピュータ化されたシステムなのです。そして、私たち、欠陥のある人間が、そもそもシステムをどのように設定したのかという問題に戻ります。

そのため、ブロックチェーンのシステムを設計および開発する際には、根本的な課題があります。参加者全員に対し、どのように公平性を保てるでしょうか?サプライチェーンのあらゆる段階ですべての人に参加を促すため、それぞれ確実に利益を得られるようにするにはどうすればよいでしょうか?個人データおよび私的データが不適切な手に渡らないようにするには?これらは非常に人間的な問題であり、規制当局も取り組んでいます。

NSF squareブロックチェーンはまた、食品偽装防止システムとしても広く知られています。私はこれを信じていませんし、DWF LawのDominic Watkins氏が次のように述べていることに同意します。「ブロックチェーンが他の確認作業に置き替わることはありませんが、記録管理を簡単にするのに役立ちます。同様に、偽装を排除するわけでもありません。結局のところ、偽装の意図はあらゆるシステムを打ち負かすことです。しかし、製品が本当に正当であるかどうかを検証するのははるかに簡単であるため、ブロックチェーンが行うことは偽装をより困難なものにすることなのです。」

そこでNSFインターナショナルでは、参加しているすべての人々によって開発され合意されるべき一連の原則や、ガバナンスの役割が何を意味するかについても取り組んでいます。ブロックチェーンについての知識が増えるほど、正しい情報が正しい人に届くようにするために、誰かがガバナンスの役割を担う必要があると確信するようになりました。それは面白い仕事であり、その中心には公正さとすべての人が正しいことをするという概念があります。

これは、GDPR(EU一般データ保護規則)の中心的な考えであり、今年の世界食品安全会議でよく口にされた言葉です。多くの人が保持されているデータは不変であり削除できないため、ブロックチェーンのエコシステムは根本的に規制に違反すると示唆しています。さらに、所有者または管理者が一人もおらず、潜在的に多数の参加者および受益者が存在するので、事実上、各参加者が自身のデータ管理者およびデータ処理者となります。Dominic Watkins氏は、法的観点からこの点については自信を持っています。「GDPRは一連の新たな産業を生み出しましたが、ブロックチェーンを止める必要はありません。適切な許可が設定されていれば、これらのシステムを機能させることは完全に達成可能です。ソリューションは常にあります。」いくつかのソリューションがすでに出現しており、私たちが取り組んでいるさらなる課題です。

規制に関するもう1つの課題は、ブロックチェーンのシステムがサプライチェーンのさまざまな関係者、さまざまな種類のビジネス、さまざまな規制に基づき、多くの場合さまざまな管轄区域の国境を越えた協働で構成されているという事実です。どう対応したらよいでしょうか?Chris Hodges教授が数週間前に私たちの会議で言ったように、一つの業界規制当局が権力を行使する古いモデルはもはや適切でなく、いずれにせよ、人々を正しい行動に向かわせるためにさまざまな異なるツールを使用することに基づく新しい規制モデルより効果が低いことは長い間示されてきました。これらは、ブロックチェーンのエコシステムにおける行動について、より詳細に検討する必要がある種の規制活動です。

これらは大きな問題です。NSFのブロックチェーンプロジェクトは完全に進行中で、今月試験運用に入ります。実用的で誠実なソリューションを見出せることを楽しみにしています。本当に楽しみです!

 


本ブログはこちらの方にご執筆、ご寄稿いただきました。

ROB CHESTER

Rob Chester (ロブ・チェスター氏)
イギリス、NSFインターナショナル・フード・サービス
マネージング・ディレクター