0

Read in English English (UK)

GS1 Traceability FoodSafety Banner

食品安全の課題が世界的に重要度を増すにつれて、グローバルなトレーサビリティがこれまで以上に必要とされています。今日のトレーサビリティシステムは、相互運用可能で測定可能でなければならず、食料サプライチェーンのすべてのステークホルダーに協働し、情報共有するための簡単な方法を提供します。 GS1規格には、食品が生産者から消費者へと移動する際に、世界中で可視化するために必要なフレームワークがあります。

 

消費者は日々、世界の食料サプライチェーンと消費する食品に信頼を置いています。それでも、サプライチェーンは複雑さとリスクを増し続けています。ブランドは、食品偽装や認証の問題、そして購入する商品についてより理解したいという消費者からの要求によって、自社を問わず、ますますリコールに直面しています。

食品安全の課題が進化し、サプライチェーンのデジタル化が加速するにつれて、より良いトレーサビリティエコシステムのソリューションとして構築するために、新たな切迫感を受け入れて協働しなければなりません。このエコシステムは、取引先と消費者との間の透明性を高め、各事業者がそれぞれのニーズに最も適したトレーサビリティソリューションを選択できるようにすると同時に、取引先のソリューションと「通信」できることを保証します。

相互運用可能なトレーサビリティソリューションの実現

リテーラー、サプライヤー、流通業者、消費者はすべて、トレーサビリティシステムを越えて途切れなくアクセスできる迅速で正確、かつ完全な情報を求めています。他の取引先から、また消費者から、そして時には規制当局からの幅広い質問に答えなければなりません。

どこで生産されましたか?サプライチェーンに関わったのは誰ですか?食品安全のベストプラクティスに沿って製造されましたか?今日の食品業界では、このような質問の答えが求められています。

これらの質問に答えるためのデータは、しばしばサプライチェーン全体に広がっています。トレーサビリティシステムが相互運用可能で測定可能である必要があるのはそのためです。取引相手は、サプライチェーン全体で可視化のために協働および情報共有を容易に行うことができます。

GFSIGS1:世界的な食品安全のために協力する

GFSIおよびGS1として、私たちの組織はトレーサビリティソリューションのより良いエコシステムを形成するために理想的なパートナーとなるでしょう。

GFSIは、トレーサビリティを含め、食品の安全性に関する高水準の要件、つまり「内容」を設定することに重点を置いています。GS1としては、相互運用性と透明性を可能にするベストプラクティスと世界基準を提供することによって、トレーサビリティソリューションを設計しそして実行するための「方法」に焦点を合わせます。

私たちの組織は、基準と協働への信念に基づいて、世界の食品サプライチェーンの同じメンバーに奉仕しています。つまり、それぞれの役割と使命は補完的なものであり、トレーサビリティを優先し、それを達成するためにすべてのステークホルダーを集める必要性をサポートする互換的なものなのです。

トレーサビリティには基準と技術が必要です

ビッグデータ、人工知能、ブロックチェーン、スマートとされるものすべて - これらの新技術は、安全性を高めるために食品をより効率的かつ効果的に管理する新しい機会を業界にもたらしています。

それでも、テクノロジーだけでは、必要とされる世界的なトレーサビリティを解決することはできません。すべてのステークホルダーは、トレーサビリティを成功させるため、協力のエコシステムに集まる必要があります。エンドツーエンドのトレーサビリティのために、食品製造、加工および配達プロセスの中で技術を生かし、自動化を可能にするオープンでグローバルな基準を使わなければなりません。

GS1 グローバル・トレーサビリティ規格は、相互運用可能なトレーサビリティシステムを設計するためのフレームワークを提供し、以下のことを可能にします。

  • 共通の言語を使用して互いに対話するためのさまざまなトレーサビリティシステム
  • エンドツーエンドのサプライチェーン全体で幅広いデータにアクセスし、それらを組み合わせて、解釈するための組織
  • 各取引相手は、それぞれのニーズに最も適したGS1対応のトレーサビリティソリューションを選択

そして、グローバルかつ地域的な努力。

GS1規格に加えて、世界規模のトレーサビリティには、グローバルかつ地域レベルの取り組みが必要です。112カ国のGS1加盟組織(MO)は、国内市場および規制要綱に合わせたトレーサビリティソリューションを調整するために必要な現地でのサポートをします。コンサルティング、評価、およびデータサービスと同様に、あらゆる規模の食品会社に実施のためのベストプラクティスとプログラムを提供します。

(グローバルトレーサビリティ規格のような)GS1規格の発展はまた、GS1グローバル規格管理プロセスを使用して集まる業界のメンバーを含む協働の作業です。参加者には、リテール、ヘルスケア、運輸および物流、政府などの業界を代表する約60カ国からのビジネスおよび技術の専門家が含まれます。

私たちは皆、トレーサビリティで成功します

協働することにより、リコールはより速く、より正確になり、持続可能性への取り組みは強化され、そして消費者の信頼を高めることができます。これはすべて、相互運用可能で透明性の高いトレーサビリティによって可能になります。グローバルなトレーサビリティをグローバルな現実にするために集まりましょう。

フランスでの世界食品安全会議で皆様と出会い、協働できることを楽しみにしています。 2月27日水曜日の「皆の利益のためのグローバルトレーサビリティエコシステムの構築:今すぐ協働を」というスペシャル・セッションをお見逃しなく。GS1ブース(29と34)にぜひお立ち寄りください。

 世界中の100カ国以上でGS1に連絡することができます。


NORA KACI headshotsquare

本ブログはこちらの方にご執筆、ご寄稿いただきました。

Nora Kaci
GS1シニア・マネージャー マーケティング・トレーサビリティー