0

 

Blockchain banner

ブロックチェーンは今日注目の話題であり、食品業界も例外ではありません。しかし、その技術と仕組みは必ずしも理解し易いものではありません。ブロックチェーンとは何でしょうか?ブロックチェーンは、世界の食の安全性向上にどのように活用できるのでしょうか?この新たな技術の将来の可能性を探り、ブロックチェーンがどのように世界中の消費者に安全な食品を提供するのに役立つかについて検討します。


ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、インターネット上の複数のコンピューターで安全で透明性の高い方法で取引情報(デジタルトランザクション)を互いに共有し蓄積する仕組みです。ブロックチェーンには3つの大きな特徴があります。

  • 公衆性 ブロックチェーンに参加しているすべての人は、「ブロック」に格納された取引情報(トランザクション)を見ることができます。
  • 分散型 ブロックチェーンには管理者はおらずチェーンに取引情報(トランザクション)を追加するには、すべての参加者が追加ルールについての最初に合意形成(コンセンサスアルゴリズム)を行う必要があります。これは、ブロックチェーンに格納されているデータの信頼性が高いことを意味します。
  • 安全性 ブロック内のデータを変更することはできません。ブロックはチェーンで追加するだけで、決して削除することはできません。ブロックチェーンは非常にセキュリティーが高い仕組みなのです。


食品産業への応用

食品業界でのブロックチェーンの活用は、一貫したトレーサビリティのための完全自動化システムを約束するものです。

tractor 3071779 1920原料サプライヤーから小売業者までのサプライチェーンのすべての関係者がデータをブロックチェーンに記録したとします。すると、これら関係者間で実行されるすべての取引情報(トランザクション)はブロックチェーンに自動的に追加され、更新されたサプライヤー施設、認証、製品構成など、サプライチェーンとその変更内容がすべて記録されます。そして、最終的には透明性があるだけでなく、すべての関係者がどのような時点でも追跡可能なものになります。

これは、食品会社のリコールや食品偽装などの食品安全問題への対処に重要な意味を持っています。ブロックチェーンによって提供される完全なトレーサビリティシステムにより、サプライチェーンの利害関係者は、「時間を遡って」問題のデータが変更された正確な時点を特定することができます。その確実な機能と相まって、ブロックチェーンは食品企業にきめ細かく信頼のおける完全なサプライチェーンデータベースをもたらすことになります。

 


ブロックチェーンの力を最大限に活かす

今日のブロックチェーンは、急速に変化している新しい技術です。食品安全へのその適用はまだ初期段階にあり、この技術の使用にはまだ十分な進化の余地があります。

ブロックチェーンが食品業界でその潜在能力を最大限に発揮するには、3つの基本的な要件があります。

  1. データの共有
    ブロックチェーンはセキュリティーにおいては強力ですが、その潜在能力はサプライチェーンのデータが提供されることで発揮されます。サプライチェーン全体図は、データが個別に存在するのではなく、サプライヤー、製造業者、および小売業者の間で共有されることで描かれます。食品業界はまず、ブロックチェーンに取り組む前に、サプライチェーンパートナーとのコラボレーションに注力し、サプライチェーンの端から端までを見つけ出し、位置づけを行い、そしてデジタル化する必要があります。この最初のステップが達成されることで、ブロックチェーンはサプライチェーンの関係者に実質的な価値をもたらすのです。

    さらに、データは正確でなければなりません。食品企業は、食品の安全性や品質の証明など、サプライヤーや顧客が申告したデータが検証されたものであることを保証する手法を開発しなければなりません。これらのチェックがなければ、ブロックチェーンを作成することはできても、信頼できるものとは言い切れません。
     
  2. コンソーシアムの形成
    コンソーシアムは、食品業界が合意した規格とインフラストラクチャーを共同で開発することを可能にするもので、これは、ブロックチェーンなどの新興テクノロジーにとって重要な点です。食品企業のコラボレーションにより、誰もが食品産業におけるブロックチェーンの活用について最良の方法を決めることができます。グローバル・フードセーフティ・イニシアチブ(GFSI)などの組織に参加することで、フード・ビジネスは、効果的に他の事業者と協力するために必要なネットワークとプラットフォームにアクセスできるようになります。
     
  3. food restaurant hand dinner適正なバランスを達成する
    また、ブロックチェーンの実用性とは別に、大きな疑問が残っています。どのような情報を共有可能で、また共有すべきか?ブロックチェーンの魅力は、その透明性と信頼性にあります。しかし、パブリックチェーンでさえ、取引責任者によって指定されたものにのみフルアクセスが提供され、各取引の詳細を暗号化されます。

    食品業界に関しては、品質認証などの情報を公開することは非常に有用です。しかし、レシピやサプライヤー業務などのデータは独自のものであり、私的なものでなければなりません。どのような情報を多く共有すべきか、誰と誰が秘密情報を保護しながら透明性を提供すべきかという問題が湧きます。ブロックチェーンのデータを消費者に伝える正しい方法とは何でしょうか?

    私たちはまだブロックチェーンの初期段階であるため、パブリックチェーンとプライベートチェーンの適切なバランスを決めておらず、開発には時間がかかります。したがって食品事業者は、食品安全性を高めるためにブロックチェーンを最大限に活かす前に、適切なモデルについて協議し、協力する必要があります。
     

 


すべての消費者に安全な食品を

ブロックチェーン技術は、食品の安全性に対するセキュリティー、透明性、トレーサビリティそして信頼性を高める可能性を秘めています。それは、食品業界が協働することで、ブロックチェーンの力を効果的に利用することができます。GFSIの今後開催される世界食品安全会議では、小売業者、製造業者、サプライヤー、その他の業界の主要なプレイヤーにとって、食品安全のための新しいソリューションを議論し、消費者に安全な食品を提供するというGFSIの目標を支援する理想的な場です。

トランスペアレンシー・ワンは、 世界食品安全会議のダイヤモンドスポンサーとして、GFSIを支援することを誇りに思っています。ブース111へ訪問してください。または、3月7日水曜日のブレイクアウトセッション(ビッグデータ)のパネルディスカッションで、私たちが食品安全性を向上させるためにブロックチェーン技術をいかに活用するかについてご覧ください。コラボレーションは消費者に安全な食品を提供するための鍵であり、この画期的なイベントでサプライチェーンの透明性の将来について議論することを楽しみにしています。


Profile Photo

この投稿は次の人によって書かれ、寄稿されました:

KellyAnn Tsai
ディレクター、マーケティング
トランスペアレンシー・ワン