0
  • All
  • Blog Posts
  • Default
  • Title
  • Date
  • Random
  • 開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。
    Read More
  • 一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。 一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。
    Read More
    • Blog Posts
  • 毎年開催される世界食品安全会議が、フランスのニース・アクロポリス会議場で開催されました。イベントには世界中から1,000人以上の政府、食品業界、学界の代表者を含む参加者が集まり、盛況に終わりました。 毎年開催される世界食品安全会議が、フランスのニース・アクロポリス会議場で開催されました。イベントには世界中から1,000人以上の政府、食品業界、学界の代表者を含む参加者が集まり、盛況に終わりました。
    Read More
    • Blog Posts
  • 2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。 2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。
    Read More
    • Blog Posts
  • ブロックチェーンの技術は、消費者の信頼と透明性を生み出すためのツールとして牽引力を増し続けています。ブロックチェーンの旅の次のステップであるガバナンスと規制制度の設定においては、いくつかの興味深い疑問が生じます。サプライチェーン全体で公平性を保ち、組織に参加を促すよう動機付けし、プライバシーを保護するにはどうすればよいでしょうか? 
    Read More
    • Blog Posts
  • この度、一般財団法人日本GAP協会(JGF)の認証プログラム「ASIAGAP」が、GFSIに承認されたのを受けて、当協会の代表理事専務・松井俊一氏、事務局長・荻野 宏氏のお二人に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。 この度、一般財団法人日本GAP協会(JGF)の認証プログラム「ASIAGAP」が、GFSIに承認されたのを受けて、当協会の代表理事専務・松井俊一氏、事務局長・荻野 宏氏のお二人に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。
    Read More
    • Blog Posts
  • 施設の適切な衛生管理を確実にするための最も効果的な方法の1つは、微生物汚染除去を取り入れることです。この手法では、食品安全を脅かす可能性のあるすべての形態の微生物を除去するために二酸化塩素ガスを使用し、製品や施設を守ります。 施設の適切な衛生管理を確実にするための最も効果的な方法の1つは、微生物汚染除去を取り入れることです。この手法では、食品安全を脅かす可能性のあるすべての形態の微生物を除去するために二酸化塩素ガスを使用し、製品や施設を守ります。
    Read More
  • 2019年以降、食品業界は間違いなく大きく変貌するでしょう。「新たな課題と食品安全の未来」という今年の世界食品安全会議のテーマが、まさにそれを暗示しています。  
    Read More
    • Blog Posts
  • 「食品安全のためのブロックチェーン戦略を作ってほしい」と上司に言われたら、どこから手をつけますか?実際に始めてみると、すぐに自分が未知の領域にいることに気づくでしょう。複雑でコストがかかり、キャリアにも影響を及ぼす取り組みに身を投じる羽目になり、最終的に状況をコントロールするのが難しくなります。どういうことか、詳しく見ていきましょう。  
    Read More
    • Blog Posts
  • ステークホルダー、そしてますます多くの消費者が、より持続可能な事業と製品を企業に求める動きは随分前から取り上げられていました。人々のこうした要求は、特定の、特に大手ブランドに向けられる傾向がありました。 ステークホルダー、そしてますます多くの消費者が、より持続可能な事業と製品を企業に求める動きは随分前から取り上げられていました。人々のこうした要求は、特定の、特に大手ブランドに向けられる傾向がありました。
    Read More
  • 2018年の食品安全に関する報道では、汚染された農産物が問題の原因として取り上げられました。大型休暇の直前に起こった北米のロメインレタスのリコールでは、店舗の棚は空となり、消費者は献立変更に慌てるという事態になり、金銭的な損失だけでなく消費者からの信頼も失われました。 2018年の食品安全に関する報道では、汚染された農産物が問題の原因として取り上げられました。大型休暇の直前に起こった北米のロメインレタスのリコールでは、店舗の棚は空となり、消費者は献立変更に慌てるという事態になり、金銭的な損失だけでなく消費者からの信頼も失われました。
    Read More
    • Blog Posts
  • 本当にデータを使って新たなグローバルな課題を解決し、そして新しく、より良く、効率的な方法を見つけることができるでしょうか?これは、全ての産業において問われている質問です。  
    Read More
    • Blog Posts
  • 様々なステークホルダーによる協働は、GFSIにとって非常に重要なことです。小売業者の選抜グループによる協働から始まったGFSIも、今では私のような研究者を含め、食品の安全に取り組むすべての人々が関わるまでに成長しました。
    Read More
    • Blog Posts
  • 食品安全の向上は業界にとっての永遠の課題です。どうすれば建設的なモラルのある、食品安全文化に向けた好環境を組織内に作り出すことができるでしょうか。
    Read More
    • Blog Posts
  • 食品業界は、グローバリゼーション、規制や競争の激化によってもたらされる課題に直面し、絶えず発展する業界です。サプライチェーンマネジメントは、ほとんどのビジネスにとって不可欠な要素であり、その成功と顧客満足に大変重要です。それは、製品やサービスの設計から、販売され、消費され、そして消費者により処分されるまでのエンドツーエンドのプロセスの効果的な管理です。
    Read More
    • Blog Posts
  • 食品安全の課題が世界的に重要度を増すにつれて、グローバルなトレーサビリティがこれまで以上に必要とされています。今日のトレーサビリティシステムは、相互運用可能で測定可能でなければならず、食料サプライチェーンのすべてのステークホルダーに協働し、情報共有するための簡単な方法を提供します。 GS1規格には、食品が生産者から消費者へと移動する際に、世界中で可視化するために必要なフレームワークがあります。  
    Read More
    • Blog Posts
  • 坂元醸造株式会社は、琥珀酢の販売を200年間続けてきました。国内外の市場である米国への販売を推進しており、GFSIの認証を取得するにあたり、その展開について学びました。  
    Read More
    • Blog Posts
  • ネスレが最初にGFSIに深く関わるようになったのは2012年からですが、当時私は品質管理グローバル責任者に任命されたばかりで、他社の食品安全の取り組みを学ぶことに熱意を抱いていました。初めて参加したGFSI世界食品安全会議では、期待していた通りの創造性や技術革新のみならず、GFSIが明確にしている全員参加型でオープン・ソースな精神にも触れることができました。  
    Read More
  • 開発途上市場における食品安全の課題が、消費者の健やかな生活を気遣うGFSIやその他の組織で注目度を増しています。安全でない食品が原因で、低中所得国の総生産性の損失と医療費の増大のため、年間およそ1,100億ドルもの損失を招いているからです。この巨額な損失を減らすため、世界銀行と協働するパートナーは食品安全向上のために「食品媒介疾患」と題されたガイドを用意しました。この要約は2月に開催される GFSI世界食品安全会議 で共有する予定です。
    Read More
  • GFSIのディレクターに就任して4年間が過ぎましたが、私は自らの出身国で、在職中初の開催となる、GFSI世界食品安全会議に皆様をお迎えできることを誇りに思います。ディレクターとしての立場から、私はGFSIが前例のない速さで成長していくのを見守ってきました。私たちは以前よりも更に多くの企業、政府、認証プログラム機関と関わり、また、ステークホルダーのグループも大きくなり、連携の仕方を模索しています。  
    Read More
  • NSF Internationalの英国Food ServicesのMDであるRob Chester氏は、ブロックチェーン技術の現実と、その宣伝をやめて食品業界でそれをどのように使用するかについて理解を深める時期が来たと考えます。  
    Read More
  • アメリカ・カナダ地域はとても重要であることから、成長の可能性について、とても期待しています。現在までステークホルダーと築いてきた関係性に加え、新しい関係性を築くことが楽しみです。新しいシニア・マネージャーとして、地域を実際に訪問し、運営の効率性を高めることに貢献したいと思います。  
    Read More
  • GFSI世界食品安全会議が2006年にフランスで開催されて以来、クアラルンプール、ヒューストン、東京といった地域を拡大して展開され、2019年は、グローバル・フード・セーフティ・イニチアチブ発祥の地、フランスでの開催となります。この歴史的な里帰りの機会に共同議長を務めることを誇りに思います。  
    Read More
  • GFSI 世界食品安全会議のカンファレンス委員のメンバーとして、各食品業界を代表するこの献身的で熱心なグループの一員であることを光栄に誇りに思います。グループでの会話を通じて、私は自身が属するリテール業界が、この会議に参加することで得られる恩恵について関係者独自の視点を持っています。  
    Read More
  • 日本国内ではこれまで高付加価値型農業を牽引してきた農業従事者の高齢化により、その経験や勘の継承が困難な状況に面しています。また、他国では最新技術の導入により農業の生産性向上と経営改善が促進されており、日本においてもこれらの課題に対する取り組みが進められています。今回、農業に求められる情報をネット上で共有化する農業データ連携プラットフォーム「WAGRI」構築に取り組んでおられる神成教授に、同プラットフォーム構築の背景と今後について伺いました。  
    Read More
    • Blog Posts
load more hold SHIFT key to load all load all