0

Read in EnglishEnglish (UK)

Read in Chinese Chinese (CN) 

 GFSIexperts Fran Himanshu banner

 

先週、GFSIはコーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデー祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。GFSIと同様に、このコーデックスの補助機関は、第三者保証認証プログラムの承認から偽装の可能性まで、食品が国境を越えたときに発生するすべての問題に関心を寄せています。

今日のGFSIエキスパートシリーズでは、CCFICSとCodexのインサイダーの知識を持つ2名: CCFICSの議長 フラン・フリーマン氏と、GFSIコーデックス委員会のメンバーであるヒマンシュ・グプタ氏のインタビューをお届けします。フラン氏とヒマンシュ氏は、GFSIのシニアマネージャー、アン・ジェラルディと会談し、組織が貿易を強化し安全な食品を提供するためにどのように議題を融合させているかについて説明しました。GFSI Youtubeでインタビューをご覧いただくか、以下のトランスクリプトをお読みください。

 

 

アン:フラン、コーデックスとオーストラリアでのあなたの役割は何ですか?

フラン・フリーマン氏: 私は現在オーストラリア農業水資源省の輸出部門を統括しているので、100カ国以上への輸出を規制する責任があります。肉や乳製品などの主要製品などです。私はまた、CCFICSの議長を務めています。私はその役割を引き継ぎ、本当に楽しんできました。それはオーストラリアにとって非常に優遇されたもので、システムによる国際標準と規則に強く依存しています、そしてCCFICSは世界中のすべての国が検査と貿易のための認証に良いものに参加することにおいてとても重要な役割を果たします。

アン:ヒマンシュさん、コーデックスとGFSIでのあなたの役割は何ですか?

ヒマンシュ・グプタ氏: 私はネスレ社のグローバル規制科学チームに勤務しています。また、GFSIコーデックス委員会の一員です。それで、私はこのGFSIカンファレンスのためにここに来ました。それは主要な食品安全プラットフォームの一つです。協調的態度、またはGFSIが協調的に機能する方法は、このカンファレンスでは他に例を見ないほど優れています。製造者、利害関係者、供給者、小売業者、学界など、すべての利害関係者がいます。私たちは食品の安全性について話し合い、ベストプラクティスと知識の共有について話し合うことができます。

アン:GFSIは、コーデックスに従事することが重要ですか?

フラン: その通りです。私が行ったすべてのコーデックスの会議では、人々が開発する標準やガイドラインの影響を受けている業界団体、消費者団体、組織を代表するGFSI等各セクターの参加を得ています。私はそれが非常に重要だと思います。標準やガイドラインをうまく機能させる必要があるからです。皆さんは従うべき規則や法律があると思いますが、実際はそれを実行に移す必要があり、CCFICSが各国に役立つことは私にとってそういうことを指しています。

アン:CCFICSとは何ですか?またGFSIにとってそれが重要なのはなぜですか?

ヒマンシュ: CCFICSは、食品の輸出入および認証システムに関するコーデックス委員会です。CCFICSはさまざまな課題に取り組みます。ほんの数例を挙げると、第三者認証システムの承認、システムの同等性。そして彼らは食品偽装に取り組み始めるかもしれません。そのため、GFSIがCCFICSの作業の監視に密接に取り組まなければならない理由はすべてここにあります。

CCFICSはコーデックスの補助機関の1つです。それらの役割は消費者保護であり、貿易を促進することであり、それは世界中の消費者にとって安全な食品をというGFSIのビジョンと非常によく一致しています。そして、食品安全管理システムに収束することによって食品安全リスクを最小化するという[GFSIの使命]は、それらがCCFICSの議論に貢献するのに非常に良い位置にあるということです。

アン:CCFICSの目的は何ですか?また、昨年の主なトピックは何ですか?

フラン: CCFICSは本当に安全な食料と公正な取引をすることに頼っています。逆に言えば、それがすべてだということです。そして私達が持っている作業プログラム、それは今進行中の本当に重要な要素をいくつか持っています。自主的な第三者保証は、今週私たちがGFSIで話してきた重要なテーマです。そして、これをうまく機能させたい多くの政府や多くの民間企業から多くの関心が寄せられたと思います。私たちは皆、資源が限られている中で、リスクを管理しようとしています。どのようにして、私たちが必要とするリスク[管理]に焦点を合わせることができるでしょうか。

この他私たちが行ってきた重要なことシステムの等価性です。繰り返しになりますが、毎回ホイールを再発明しないようにしています。重要なのは他の国々にシステムは既に整っていると安心させることです。そして、現状の仕組を変える可能性があるのは、食品偽装や食品の信頼性や誠実な仕事に関することでしょう。この状況はかなり早い段階で議論されてきていますが、私はあらゆる国がゲームの何らかの役割を持っていると思います。このところ、電子系のワーキンググループが設立されましたので、これがどのように進んでいくのかは興味深いところだろうと思います。私はどの国もこの問題をなんとかしたいと考えていると思います。

これは興味深く、コーデックス、CCFICS、その他誰もが苦労しています。たとえば、CCFICSにとって重要ではない犯罪的要素がありますが、私たちにとっては、国々、食品偽装および信頼性についてのガイダンスを設定することに焦点を合わせることが重要になると思います。

アン:昨年のCCFICSでGFSIは何を達成しましたか?

ヒマンシュ: ヒマンシュ: GFSIがCCFICSと一緒に取組み、成し遂げたこととしては、まずコーデックスの主要総会への参加ですが、他の物理、電子ワーキンググループへの参加したことです。GFSIは、自主的な第三者保証スキームに関する彼らの経験に基づいて、彼らの経験、学び、そしてガイダンスを共有しており、それはCCFICSが合意に基づく文書を達成することを可能にするメンバー間の合意の構築に役立ちます。 これは間違いなく誰もが期待していることです。

アン:CCFICSでの自主的第三者保証業務の次のステップは何ですか?

フラン: ええ、昨年の10月に、私たちはブリスベンでステップ5に進みました。私は人々が少し緊張していたと思います。それは最後にハイステークスゲームでしたが、私たちはそこに着いたと思います。あなたが見たのは人々からのたくさんの意欲でした。彼らはそれが貿易にとって将来において本当の役割を担っていることを知っています、人々がそれと共に生きることをいとわないということは何ですか?私はこれを管理する上でリスクを冒すために異なる政府が異なる欲求を持っていると思います。現実は、私たちは今、この仕事にサインオフするために次の重要な段階に実際に到達することにおいて重要なポイントに到達しました。

アン:CCFICSの議長を務めることについて何が好きですか?

フラン: それは本当の挑戦だと思います。とても活気があります。非常に多くの異なる国が参加しており、誰もが彼ら自身のプレッシャーと制約を持っていますが、各々、実際にガイダンスを使うことができる誰かを連れて行きたいと思っているでしょう。多くの国々、特に発展途上国にとって、実際にそのリソースを呼び起こすことが重要です。私たちはコンセンサス組織ですので、議長として、すべての声が聞こえるようにしたいのです。もちろん、各国々の違いは常にあるでしょう。しかし、元貿易交渉の議長として、私の仕事は、みんなが言わなければならないことを実際に聞いて、みんなが共存できる根拠があるかどうかを確認することです。

私たちが試したCCFICSのもう一つの重要なことはウェビナーだと思います。それは私にとってもこれの未来です。誰もが飛行機に乗れるわけではありません。私はオーストラリアに住んでいます。ニースまで30時間かかります。私の残りの責務の観点から、私はそれを年に何度か行うことができます。しかし、国にもコストがかかります。だから私は、CCFICSだけでなく、他の委員会にとっても、テクノロジーが関与を促進することが未来だと思います。

 

GFSI Experts Series generic square

GFSIとコーデックスのパートナーシップの詳細については、コーデックス委員会委員長のギリェルメダ・コスタ副議長の スティーブウェアーン氏による 以前のエピソードをご覧ください。TwitterFacebook または  LinkedIn で#GFSIexpertsをフォローし 、  GFSI News を 購読して 、エピソードを見逃さないようにしましょう。