0

Read in EnglishEnglish (UK)

Read in Chinese Chinese (CN) 

 GFSI Experts Series FrankYiannas Banner 05

 

今週のGFSIエキスパートシリーズのエピソードでは、食品安全文化についての現在の理解の基礎となる人物の1人である、米国FDAの食品政策および対応担当副コミッショナーであるフランク・イアナス氏をご紹介します。訓練を受けた微生物学者であるフランクは、行動科学は、成功する食品安全システムの開発にとって「ハードサイエンス」と同じくらい重要であると主張しています。

FDAにおけるフランクの現在の役割は、ウォルマートでの10年間のキャリアでは、米国の小売業者にGFSI承認規格の採用を奨励する責任を率いました。このような民間から公的機関への移行により、フランクは食品安全を促進するための分野横断的パートナーシップに関する独自の見方を得ることができます。2019年にニースで開催されたGFSI世界食品安全会議で、彼はこの見方と、彼がFDAにもたらしている業界情報に基づく戦略について説明するためにステージに上がりました。この内容をGFSI You tubeで見ることができます。ここで、すべての新しい情報を受け取るように登録していただくか、または以下の記述にて読んでいただけます。

このインタビューは、フランスのニースで開催されたGFSI世界食品安全会議の食品安全マガジンのBarbara Van Renterghem博士によって行われました。 GFSIエキスパートシリーズ からのこのエピソードを見る か 、または 以下のインタビューを 読んでください

 

バーバラ:民間部門に参加したことがある人が、今や規制当局の役割を果たすのはどのようなものですか?

フランク・イアナス:私はFDAでの時間を楽しんでいます。私はここで2ヶ月半勤務しています。私は政府の閉鎖の最中に入りました、それは私にとって興味深い経験でした、しかし私はそれがもたらす重要な役割と責任を楽しんでいます。公共部門で食品の安全性に取り組む方法はまったく異なりますが、類似点もたくさんあります。私がビッグブランド、世界最大の小売業者、または今では非常に重要な規制当局のために働いていたかどうかにかかわらず、私は今でも同じボスのために働いている、そしてそのボスとは、アメリカの消費者です。

バーバラ: FDAでは、ウォールマートでできることと同じくらい速く物事が動きますか?

フランク:あなたが民間部門であろうと公共部門であろうと、最近は誰でもスタートアップのように振る舞いたいです。現実は私たちの周りの世界は非常に速く動いています。民間部門には課題があります。特にこれらの大規模な組織では、非常に速く動いています。これらの課題は公共部門に存在しますが、今日はこれまで以上に迅速に取り組んでいます。完璧な例を紹介します。ご存知のように、FDAは集団発生・大量感染に対応する責任があります。昨年、私たちはロメインレタスに関連した2つの事象を確認しました。最初の感染の発見後、我々の感染調査報告を出すのにはかなりの時間がかかりました。約9ヶ月かかりました。しかしながら秋に発生した最新の大量感染の後、CDCが正式に大量感染を宣言した翌日から1か月後に報告を出すことができました。

GFSIES FY 1

バーバラ: あなたはブロックチェーン技術の熱心な支持者でした。それはFDAの優先事項のままですか?

フランク: はい。GFSIがブロックチェーンによって可能になるトレーサビリティと透明性の重要性にこのような焦点を当てていることを私は嬉しく思います、そして私は会話を向上させる役割を果たしたことを嬉しく思います。職業に就いて30年後、私が気づいたことの1つは、今日の食品システムのアキレス腱がトレーサビリティと透明性の欠如であるということです。透明性は、人々に説明責任を持たせ、ひいてはより責任を持って行動するよう奨励する食品システムに光を当てることに相当します。それは私の大きなポートフォリオでした。私は過去2年間、ブロックチェーンのもととなる分散元帳技術が何を意味するのか、そしてそれがどのようにして食品トレーサビリティの新時代を可能にするのかを深く掘り下げてきました。FDAでは、私は同じ興味と使命を持っています。私と私たちの機関からもっと多くの情報をこれから得られるでしょう。

バーバラ: サプライチェーン全体で食品安全文化を形成するためにどのようにあなたの機会を利用しますか?

フランク: あなたが公共部門であろうと民間部門であろうと、そしてあなたが大規模小売業者やFDAのような大規模な組織で働いているとき、あなたの仕事はより良い食品安全プログラムを作成することではありません。必ずしもより良い規則や方針を書く必要はありません。それは本当にあなたが食品業界で働く何百万という人々の行動にどのように影響を与えるかです。そして結局のところ、それは組織文化と人間行動の原則を理解することから生じます。私が公共部門で採用することを完全に意図しているこれらのテクニックのいくつかは、それが同じ結果につながるので。食品安全文化は食品安全管理システムの前提条件です。そして、あなたが強い食品安全文化を持っていないならば、あなたは世界で最高の規則と方針を持つことができます - しかし、人々がそれらに従わないなら、それは無意味です。」

バーバラ: FDAの食品に関する知識を高め、消費者文化にどのように影響を与えますか。

フランク:それは素晴らしい質問です。私たちのスタッフとの会話中に、私はすでに取り組んでいます。私たちは消費者向け食品安全教育の分野でもっと多くのことをするつもりです。はっきりさせてください:私は、食品業界が汚染のない製品を生産しようとしているのが最善のシナリオであると信じています。「調理するだけ」というのは古いパラダイムです。私達は食品供給から病原体を取り除き続けるように努力しなければなりません。しかし、現実には、農場から家庭までのチェーン全体に沿って食品安全に対する共通の責任があり、強力な食品安全文化が必要です。そのうちのいくつかは消費者が彼らの愛する人、友人や家族を保護するために彼らが家で従うべきである安全な習慣を知っていることを確実にすることです。私達はこの努力を倍増させようとしています、そしてあなたは消費者食品安全教育の分野で私達からもっと多くの情報を得ることでしょう。

GFSI 20190228 FDA FoodSafetyMagazine

バーバラ: 米国では、GFSI承認規格の採用をどのように増やす予定ですか?

フランク:やるべきことがあります。2000年代初頭にヨーロッパのグループによって形成された時期を振り返ると、GFSIによる長年にわたる改善と進歩は本当に印象的です。2007年には、数社の小売業者が集まり、すべてのサプライヤーにGFSI承認認証を取得するよう要求することに合意したことで大きな突破口がありました。私はたまたまそれらの小売業者の1人として働いていました。それは当時そのグループの唯一の米国の小売業者でした。2008年、私は米国が、GFSIの採用を求めるという重要な手紙を受けとりました。私は、これらの第三者認証が何を意味するのかをさらに調和させるために、公共部門と民間部門の間に本当の機会があると思います。FDAのために、議会は私たちに命令を与えました。私達は食品を輸入する際に、第三者認証を確認し、使用します。しかし、世界中のリソースが縮小している現在、私たちは公共および民間のパートナーシップのこの新しい時代を検討する必要があると思います。私たちはそのやり方で創造的になるでしょうが、それは双方向の道です。私が柵の向こう側、民間部門にいたとき、私たちは常に政府に民間計画を認めることを望んだと思います。私はもう一方の側にいるので、民間部門が強化し、次のようないくつかのことをやらなければならないことを私は認識しています。彼らは本当に厳格な規制当局と整合するように彼らの個人的な計画と基準を改善し続けることに真剣に取り組んでいますか?たとえば、米国では、FSMAに準拠するためにこれらのスキームが補遺を追加しなければならない場合があります。双方でやるべき仕事があります、

バーバラ: フランク、私は、あなたが自分のために仕事を切り取ったのだと思います。

フランク: 面白い時間になるでしょう、私は未来について非常に興奮しており、FDAの素晴らしい人々に囲まれています。食品安全の将来はかなり明るくなっていると言えると思います。

バーバラ: ありがとうございました。

フランク:こちらこそ


GFSI Experts Series generic square食品の安全性を促進するための官民パートナーシップの可能性の詳細については、GFSI専門家シリーズの次回のエピソードで影響力のあるスピーカー、ギリェルメダ・コスタ氏(コーデックス委員会の委員長)マーカス・ロング(国際認定機関フォーラムのディレクター)をご期待ください。

TwitterFacebook または  LinkedIn で#GFSIexpertsをフォローし 、  GFSI News を 購読して 、エピソードを見逃さないようにしましょう。

GFSIエキスパートシリーズとは?