0

グローバル・マーケット

  • 世界銀行 開発途上市場における食品安全への道程を発表

    開発途上市場における食品安全の課題が、消費者の健やかな生活を気遣うGFSIやその他の組織で注目度を増しています。安全でない食品が原因で、低中所得国の総生産性の損失と医療費の増大のため、年間およそ1,100億ドルもの損失を招いているからです。この巨額な損失を減らすため、世界銀行と協働するパートナーは食品安全向上のために「食品媒介疾患」と題されたガイドを用意しました。この要約は2月に開催される GFSI世界食品安全会議 で共有する予定です。

  • 将来の安全な食品供給のための、食品安全への投資

    食品安全の新たな課題にフォーカスするという2019年度の大きなテーマは一見難しそうに感じられるかもしれませんが、諦めないでください!世界食品安全会議は、食品安全の成功を祝い、ベストプラクティスを共有するための最適な場所でもあるのです。