0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ

スティーブ・ワーレン氏が、コーデックス委員会の5つの重要な目標について、そしてGFSIがそれをどうやってサポートできるかを説明します

GFSI エキスパートシリーズのすべてのゲストが少なくとも1つの有名な肩書を有しているのに対して、スティーブ・ワーレン氏は2つの肩書を持っています。彼はコーデックス委員会副委員長および英国金融庁の科学部長です。

GFSI エキスパートシリーズのすべてのゲストが少なくとも1つの有名な肩書を有しているのに対して、スティーブ・ワーレン氏は2つの肩書を持っています。彼はコーデックス委員会副委員長および英国金融庁の科学部長です。

アフリカの食品安全大使:ゴールデンシュガーカンパニーのGFSIアワードへの旅

世界保健機関(WHO)によると、食中毒の危険性が1億2,700万人に上り、年間91,000人が死亡しており、アフリカほど食中毒の発生率が高い大陸はありません。幸いなことに、GFSIには、食品安全文化を根本から変えている地域の大使が増えています。

世界保健機関(WHO)によると、食中毒の危険性が1億2,700万人に上り、年間91,000人が死亡しており、アフリカほど食中毒の発生率が高い大陸はありません。幸いなことに、GFSIには、食品安全文化を根本から変えている地域の大使が増えています。

@myGFSI

最新の動画

  • World Food Safety Day
  • GFSI WebSeries: A Tale of Mexican Coffee & Global Certification

さらに動画を見る

最新のニュース

  • コーデックスでのGFSIの声:GFSI-CCFICSパートナーシップへのインサイダーガイド - 2019/06/11

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    先週、GFSIは コーデックス委員会と共同で最初のワールドフードセーフティデーを祝いました。2つの組織間のコラボレーションが拡大し続けているので、GFSIはコーデックス用語にかなり流暢になっています。その中で、特に頻出する1つの頭字語はCCFICS(食品輸入と輸出証明と検査に関するコーデックス委員会)です。

    続きを読む

  • GFSI 審査員力量試験2019年7月より実施 - 2019/06/10

    この度、新しくGFSI力量試験が受験可能になったことをお知らせいたします。2018年3月6日にGFSIベンチマーキング要求事項バージョン7.2でGFSI審査員試験として発表されたこのツールは、GFSIの重要なコニュニティ内において、すべてのGFSI承認プログラムに関連した幅広いスキルにわたり、審査員の知識を評価するための一貫した方法を提供するものです。

    この度、新しくGFSI力量試験が受験可能になったことをお知らせいたします。2018年3月6日にGFSIベンチマーキング要求事項バージョン7.2でGFSI審査員試験として発表されたこのツールは、GFSIの重要なコニュニティ内において、すべてのGFSI承認プログラムに関連した幅広いスキルにわたり、審査員の知識を評価するための一貫した方法を提供するものです。

    続きを読む

  • GFSIコミュニティからHappy World Food Safety Dayをお祝いします - 2019/06/07

    GFSIコミュニティにハッピーワールドフードセーフティデー!食品安全についての意識を高めるためのこの最初となる、毎年開催れることとなる国連で承認されたワールドフードセーフティデーでは、ちょっと時間を割いてあなたの同僚が幸せなワールドフードセーフティデーを迎えるためにこのGFSIマッシュアップビデオを使用するようにお勧めします。世界中のテーブルの上の食べ物が安全に食べられるようにするために一年を通して一生懸命に働いているあなたの友人や同僚を祝福します。 

    GFSIコミュニティにハッピーワールドフードセーフティデー!食品安全についての意識を高めるためのこの最初となる、毎年開催れることとなる国連で承認されたワールドフードセーフティデーでは、ちょっと時間を割いてあなたの同僚が幸せなワールドフードセーフティデーを迎えるためにこのGFSIマッシュアップビデオを使用するようにお勧めします。世界中のテーブルの上の食べ物が安全に食べられるようにするために一年を通して一生懸命に働いているあなたの友人や同僚を祝福します。 

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • サラヤ株式会社-フードバリューチェーンの構築に向け、日本のノウハウをアフリカへ!-(GFSIレポート) - 2019/05/16

    開発途上国の農林水産業・食産業の発展に貢献するため、生産から加工、流通、消費に至るフード バリューチェーン(FVC)構築の重要性が指摘されています。 今回、農林水産省の補助事業として展開する「アフリカ等のフードバリューチェーン課題解決型市場開拓事業」に賛同し、プロジェクトを立ち上げたサラヤ株式会社様にその経緯、今後の活動方針をうかがいました。

    続きを読む

  • 日本発のステップアップ食品安全マネジメントスキームを日本、アジアへ~食品安全のボーダーレス化を目指して(CPOインタビュー② - 2019/05/02

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)の認証プログラム「JFS-C (EIVセクター)」が、2018年10月末にGFSIに承認されました。これを受けて、同協会の理事長・西谷徳治氏、事務局長兼技術本部長・大羽哲郎氏、普及推進本部長・仲谷正員氏に、その経緯、今後の活動方針や抱負をうかがいました。

    続きを読む

  • 官民連携のオープン・ラボによる新たな政策提言の仕組み作り!! - 2019/04/09

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    2月25日から28日までフランスのニースにて世界食品安全会議2019が開催されました。
    初日のプレナリー1では、日本の農林水産省・渡辺一行氏が、保守的な官庁の弱点克服へのチャレンジとして、オープン・ラボの官民連携フレームワークについて紹介されました。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る