0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ


GFSI TWG Hygienic Design

 

GFSI is seeking food safety professionals to participate in a new Technical Working Group (TWG) on Hygienic Design of Facilities and Equipment for Food from Farm to Fork.

The primary response to high-profile foodborne illness outbreaks in the U.S. and other parts of the world has been increased implementation of the Hazard Analysis and Critical Control Points (HACCP) system and other food safety programmes, increased reliance on third-party auditing programmes and legislative activity such as the U.S. Food Safety Modernization Act (FSMA). Food safety programmes depend on the effectiveness on key programmes such as Good Manufacturing Practices and Hygiene programmes.

Correct design of food handling and processing equipment as well as food manufacturing facilities is more important than ever before and is addressed in a general manner in most regulatory and industry food safety programmes. However, the terms used are only broadly defined, and interpretation of acceptability is left to the individual auditor and their particular aptitude for equipment evaluation.

How Can GFSI Help?

GFSI is uniquely positioned to bring the key stakeholders together, working with industry associations and other bodies to collectively address this growing issue.

As we move forward with the implementation of food safety programmes, we also need to give more scrutiny to hygienic design of both facilities and equipment for the entire food supply chain through the development of more specific and meaningful standards to ensure food safety. 

The Group's Mandate

  • Define benchmarking requirements for scope K for design, installation, engineering and (preventative) maintenance to benchmark Certificate Program Owners (CPOs).
  • Develop criteria that is suitable to be included in the GFSI Benchmarking Requirements.
  • Include references to relevant recognised industry standards regarding Hygienic Design..
  • Provide a basis which, in conjunction with the other elements of the GFSI Benchmarking Requirements, could be used for the purpose of equipment manufacturing certification.
  • Develop a proposal on how to handle connections with existing benchmarking requirements.
  • Recommend relevant definitions to be included in the GFSI Benchmarking Requirements glossary.

Quotation mark

Bringing together the great expertise that exists globally in the area of Hygienic Design into a team to strengthen the existing GFSI Benchmarking Requirements has the potential to make a significant contribution to improving food safety right across the globe. Getting things right by design is the best way to ensure we have the highest level of protection for all consumers.” - Roy Kirby, Global Director, Microbiology, Food Safety and Toxicology, Mondelez International

Quotation mark

The creation of this new Technical Working Group will further strengthen the existing GFSI Benchmarking Requirements. Including food safety best practice for critical industry engineering will help the industry raise the bar higher, for the benefit of the consumer." - Neil Marshall, GFSI Board Member and Global Director, Quality & Food Safety, The Coca-Cola Company, USA

Apply to Participate in this Technical Working Group

Length of mandate: 18 months

Positions available: A maximum of 18 members will be chosen spread between retailers, manufacturers, Accreditation Body/Certification Body, Service Providers, Academics/Regulators

Frequency of meetings and commitment: Two face-to-face meetings each year. Some conference calls may also take place between meetings. All meetings are held in English.

Selection Criteria: Successful candidates will demonstrate experience in the following areas. Please make sure your application includes details that demonstrate your experiences relevant to the following list:

  • Food safety management
  • Hygienic equipment design and engineering
  • Hygienic process design and engineering
  • Hygienic premises design and construction engineering
  • Validation of hygienic design of new equipment and process lilnes
  • Food safety risk assessment

Eligibility: Applicants must be employed by an organization that agrees to sponsor their participation in the TWG. All costs and expenses for participants’ participation in any or all activities of GFSI must be covered by the organizations that they represent. For further information on our rules and procedures, see our governance document.

Deadline: Applications close on 12th January, 2018.  Only candidates who have been selected will be contacted. Invitations will be sent out by the week of 1st February 2018.
To apply, please fill out this application form.

The Collaboration Behind the Scenes

Have you ever wondered how GFSI mandates are defined or how its priorities are decided on each year? One of the things that makes GFSI unique is that it engages in a two-way dialogue with the industry. GFSI opens up the discussion to players from the food industry and beyond, who contribute immensely to putting top of mind issues on the table. 

The experts who dedicate their time and expertise to these work streams do so on a volunteer basis, both independently throughout the year, and collaboratively during the face-to-face GFSI Technical Working Group meetings. To ensure the entire industry spectrum is taken into account in a neutral way, the groups are composed of a wide variety of representatives including retail, manufacturing and food service representatives, as well as international organisations, governments, academia and service providers to the global food industry.

The work of GFSI would not have moved forward in the way that it has over the years without the dedication of GFSI Technical Working Group experts and the support of the companies they represent. 

@myGFSI

最新の動画

  • CGF 2017 Summit GFSI Danny Wegmans
  • Using GFSI to Overcome Challenges in a Myanmar Fish Co-operative #GFSIwebseries

さらに動画を見る

Latest Video

  • CGF 2017 Summit GFSI Danny Wegmans
  • Using GFSI to Overcome Challenges in a Myanmar Fish Co-operative #GFSIwebseries

さらに動画を見る

最新のニュース

  • 「世界食品安全会議2018」 日本で初めて2018年3月5日~8日に開催 食の安全への取り組みが最重要課題に - 2018/02/05

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、2018年3月5日(月)から8日(木)の4日間、グランドニッコー台場 東京(東京都港区)にて年次会議「世界食品安全会議2018 (www.tcgffoodsafety.com/ja/)」を開催します。2000年に設立されたGFSIは、世界中の消費者に安全な食品を届ける上で確かな信頼を築くため、食品安全マネジメントシステムの継続的改善を推進することをミッションに掲げ、世界的な活動を行っています。当日は、世界をリードする食品会社の代表者たちが一堂に集まり、業界の課題について考察します。日本で初めての開催となる今回は“いつでもどこでも安全な食を”(Safe food for consumers everywhere)をテーマに、参加者にとって有益な見識を提供すべく、より実践的なアプローチを図ります。

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、2018年3月5日(月)から8日(木)の4日間、グランドニッコー台場 東京(東京都港区)にて年次会議「世界食品安全会議2018 (www.tcgffoodsafety.com/ja/)」を開催します。2000年に設立されたGFSIは、世界中の消費者に安全な食品を届ける上で確かな信頼を築くため、食品安全マネジメントシステムの継続的改善を推進することをミッションに掲げ、世界的な活動を行っています。当日は、世界をリードする食品会社の代表者たちが一堂に集まり、業界の課題について考察します。日本で初めての開催となる今回は“いつでもどこでも安全な食を”(Safe food for consumers everywhere)をテーマに、参加者にとって有益な見識を提供すべく、より実践的なアプローチを図ります。

    続きを読む

  • グローバル視点とローカル視点が東京に集う - 2018/01/24

    世界が社会的な成長や政治的な変化を経験している時に、世界中からやってくるステークホルダーに出会い、民間企業や公的機関の垣根を越えて率直な議論と協力のために、世界食品安全会議に集うことは、新鮮味のあるものです。私たちは皆共通の目標、すなわち“すべての消費者に安全な食品を”を目指して活動しています。

    世界が社会的な成長や政治的な変化を経験している時に、世界中からやってくるステークホルダーに出会い、民間企業や公的機関の垣根を越えて率直な議論と協力のために、世界食品安全会議に集うことは、新鮮味のあるものです。私たちは皆共通の目標、すなわち“すべての消費者に安全な食品を”を目指して活動しています。

    続きを読む

  • 本会議以外でも、GFSC 2018参加者のための様々な機会があります - 2018/01/18

    世界食品安全会議は、食品安全の専門家が年に1回集う場です。参加者は、食品業界のリーダー達から話を聞き、学んだり、ネットワーキングしたり、知見やベストプラクティスを共有する機会を得ることができます。様々な内容が詰まったこの期間には、専門家による講演以外にも見どころが沢山あります。朝食セッション、ブレイクアウトセッション、テックトーク、そしてディスカバリーツアーでは日本の文化や歴史が体験できます。より良い計画をたてていただけるように、本会議以外で行われるすべてのエキサイティングな活動の詳細をまとめました。

    世界食品安全会議は、食品安全の専門家が年に1回集う場です。参加者は、食品業界のリーダー達から話を聞き、学んだり、ネットワーキングしたり、知見やベストプラクティスを共有する機会を得ることができます。様々な内容が詰まったこの期間には、専門家による講演以外にも見どころが沢山あります。朝食セッション、ブレイクアウトセッション、テックトーク、そしてディスカバリーツアーでは日本の文化や歴史が体験できます。より良い計画をたてていただけるように、本会議以外で行われるすべてのエキサイティングな活動の詳細をまとめました。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • 消費者の信頼はあなたの最大の資産です - 2018/02/05

    消費者との信頼関係を築くには何年もかかりますが、失うまでには数分しかかかりません。食品産業における信頼の回復は他の産業よりも難しい――SAI Globalの2017年消費者信頼指数によると、特に食品への危機的な問題・事故については、食品を除く他の製品欠陥よりも重大に受け取られていることを明らかにしました。

    消費者との信頼関係を築くには何年もかかりますが、失うまでには数分しかかかりません。食品産業における信頼の回復は他の産業よりも難しい――SAI Globalの2017年消費者信頼指数によると、特に食品への危機的な問題・事故については、食品を除く他の製品欠陥よりも重大に受け取られていることを明らかにしました。

    続きを読む

  • フードサプライチェーンを守る - 2018/01/23

    犯罪とテロリズム – フードサプライチェーンを考えるときに頭に浮かぶ最初の言葉ではありませんが、悪意のある行為から身を守るためのフードディフェンス(食品防御)の概念がますます重要になってきています。

    犯罪とテロリズム – フードサプライチェーンを考えるときに頭に浮かぶ最初の言葉ではありませんが、悪意のある行為から身を守るためのフードディフェンス(食品防御)の概念がますます重要になってきています。

    続きを読む

  • 進化したコンシューマー・インサイト分析 - 2018/01/10

    近年食品業界では、人々の購買方法の根本的変化を感じています。これらの変化をマーケティング担当者やジャーナリスト達が精査分析した内容については、多数報道・出版されており目に触れる機会も多いと思います。

    近年食品業界では、人々の購買方法の根本的変化を感じています。これらの変化をマーケティング担当者やジャーナリスト達が精査分析した内容については、多数報道・出版されており目に触れる機会も多いと思います。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る