0
承認を受けるGFSIセクターとサブセクターの範囲は以下の通りです。
GFSI承認範囲
(ベンチマーキングのカテゴリー・コード)
ベンチマーキングのカテゴリー名 製品/サービスの例および製造方法
AI 動物の飼育 食肉の生産、卵の生産、牛乳の生産または蜂蜜の生産に使用される動物(魚介類を除く)
養殖、飼育、捕獲および狩猟(狩猟場所で食肉処理)
AII 魚の養殖 食肉の生産に使用される魚介類
養殖、捕獲および漁獲
(漁獲場所で食肉処理)
BI 植物の栽培 食品用に植物を栽培または収穫(穀物および豆類を除く)
BII 穀類と豆類の栽培 食品用に穀物および豆類を栽培または収穫
C 動物の処理 動物の一時収容、食肉処理、内臓摘出、大量冷却、大量冷凍
魚の内臓除去、大量冷凍
獲物の保存
D 植物性食品の前処理 ナッツの殻むき
穀物の乾燥
果実・野菜の等級付け
保存
清掃、洗浄、すすぎ、フルーミング、分類、等級付け、トリミング、バンドリング、冷却、ハイドロクーリング、ワックスがけ、ドレンチング、包装、再包装、分類、保存、ローディングおよび/または元の収穫形態から製品を大きく変えないその他処理活動
E I 動物性生鮮食品の処理 魚介類を含む動物製品の生産
肉、卵、乳製品および魚介製品
機械脱骨、切断、洗浄、トリミング、等級付け、低温殺菌、調理、硬化(キュアリング)、発酵、薫製、低温、冷凍、青果物鮮度保持包装、真空パックでの包装
E II 植物性生鮮食品の処理 植物性製品の生産(穀物、ナッツ、豆類を含む)
洗浄、スライス、角切り、切断、破砕、皮むき、等級付け、低温殺菌、調理、冷却、ジュース、圧縮、冷凍、青果物鮮度保持包装、真空パックでの包装または元の全体の状態から製品を大きく変えるその他活動
E III 動・植物性生鮮食品(混合製品)の処理 動・植物性製品の製造
混合、調理、冷却、冷凍、青果物鮮度保持包装、真空パックでの包装
E IV 常温保存食品の処理 常温で保存および販売されるあらゆる調達源からの食品の生産
無菌充填、ベーキング、ボトリング、醸造、缶詰、調理、蒸留、乾燥、押出、発酵、冷凍乾燥、圧縮、フライ、高温充填、照射、製粉、混合およびブレンド、青果物鮮度保持包装、真空パックでの包装、低温殺菌、漬物、ロースト、塩漬けおよび精製
F 飼料の製造 1つまたは混合食品源からの飼料の製造
乾燥、調理、製粉、混合およびブレンド、押出
G ケータリング 自家消費以外のためのあらゆる製造源からの食品の製造
調理、混合およびブレンド、成分製品の調合
H 小売/卸売 顧客に対する完成食品と飼料製品の提供
食品および飼料の小売と卸売
I 食品安全サービスの提供 食品の安全な製造に関連するサービスの提供
水の供給
害虫駆除
洗浄サービス
試験研究所
J 保管・配送サービスの提供 食品および飼料の保存施設
食品および飼料の配送車両
K 食品処理機器の製造 食品および飼料加工機器の製造
L (生物)化学製品の生産 食品および飼料添加物、ビタミン、ミネラル、生物化合物、フレーバリング、酵素、加工助剤の生産
M 食品包装の製造 食品および飼料包装、包装資材、原材料形式での包装構成要素、サプライチェーンで使用するための一部処理、半処理(家畜)、処理(家畜)済みまたは完成済みの包装資材ならびに製品の製造
N 食品ブローカー/代理店 食品および飼料の完成品の供給