0
GFSI(グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ)は、ソートリーダーシップとなりながら、食品安全マネジメントの管理を通してフードサプライチェーン全体の安全性を向上するための取り組みです。GFSIでは、小売業や、メーカー、フードサービス業、国際団体、行政、学術機関のほか、食品業界のサービス・プロバイダーなど、あらゆる業界から集まる食品安全のエキスパート達自身が協力しながら取り組みを推進しています。テクニカル・ワーキング・グループ、ステークホルダー会議、世界会議や地域イベントなどの場を通じ、知識を共有しながら業界全体の食品安全管理向上を調和的アプローチで実現しています。GFSIの運営は世界的な会員制業界ネットワークでザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(The Consumer Goods Forum : CGF)により行われています。

 

 

GFSIビジョン

いつでもどこでも安全な食を

GFSIミッション

世界中の消費者に安全な食品を届ける上で確かな信頼を築くため食品安全マネジメントシステムの継続的改善を推進すること

GFSIの目的

  1. 食品安全のリスクを軽減する
    効果的な食品安全マネジメントシステムの等価性をはかりスキームの収束を行います
  2. 重複を低減しコスト効率をはかる
    重複監査の低減によりオペレーションの最適化を行うことで、フードシステム全体のコスト効率をはかります
  3. 技量、力量を開発し、能力を育成する
    業界全体の食品の安全性を向上し、一貫した効果的なグローバル・フードシステムを構築します
  4. 知識の交流とネットワーキングの機会を提供する
    世界中のステークホルダーが協働できる唯一のプラットフォームを提供します

GFSIがしていること

  • ガイダンスドキュメントの要求事項をクリアしている食品安全マネジメントシステムの特定
  • 世界中の食品安全エキスパート達が協働するプラットフォームの提供
  • 戦略的課題(監査員力量、行政連携、小規模事業者の食品安全向上など)に対する、あらゆるステークホルダーとの連携による世界規模での変化の推進

GFSIがしないこと

  • 小売業やメーカーCPOs (認証規格オーナー)に対する方針を作成すること
  • 認定や認証の業務
  • 食品安全のスキーム(規格)や基準の所有
  • トレーニング業務
  • 動物保護や環境、エシカルソーシングなど食品安全の領域を超える分野への関与

背景

90年代、BSEやダイオキシン、リステリアなど、世界中で深刻な食品安全の事故が相次いで生じました。食品業界では、小売業においてもメーカーにおいても、数えきれないほどの内部基準による工場監査が行われ、それぞれの基準は収束が検討されることなく、独自に開発されており、監査による負担が増加していました。その結果、各基準に整合性が取れていませんでした。そして、消費者の業界に対する信頼は低下していました。
そこで、世界の食品小売業のCEO達は独立した業界ネットワークであるCIES (国際チェーンストア協会)、現在のThe Consumer Goods Forum(CGF)の場を通じ協働的な取り組みを行うことに決めました。そして、2000年5月、非営利財団であるグローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ(GFSI)が設立されたのです。

提言

GFSIでは取り組みの初期段階から次の目標をさだめ、メッセージを伝え続けています:一度認証を受けると、どこでも認められる。GFSIは、設立時に既に多くの食品安全規格が存在していたため、ベンチマークの手法を採用することに決めました。英小売協会(British Retail Consortium)は、彼らの第一版となるBRCを1998年に発行していましたし、ドイツとフランスの小売業はIFS(International Food Standard)の採用をはじめており、また、FMI(Food Marketing Institute)と北米小売業協会(the Trade Association for the North American retailers)はSQF(Safe Quality Food)の基準を開発していました。GFSIのベンチマーキング・モデルは、食品安全規格間の等価性を明らかにするだけでなく、市場における柔軟性や選択の自由を保ち続けています。

GFSIの今

GFSI は今や単なるベンチマーキング組織ではありません。GFSIの協働的アプローチにより、フードサプライチェーン全体からグローバルに活躍する食品安全エキスパート達がテクニカル・ワーキング・グループやステークホルダー会議、世界会議や地域イベントの場を通して集まり共に取り組んでいます。そして“いつでもどこでも安全な食を”という共通のビジョンの下、知識の共有や調和のとれたアプローチの推進を行っています。
GFSIの戦略的方向性は、小売業、メーカー、フードサービス業など産業界がイニシアチブを取る理事会により決められています。また、 運営は、コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)により行われています。