0
GFSI とは
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ
GFSI と認証
GFSIにより承認された認証規格を取得する方法を学ぶ

2020年を目標に日本における食品安全の鍵としてのGFSIを醸成

世界食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)の日本ローカルグループは、2020年世界中から数千人のアスリートとスポーツファンを東京に受け入れるため、国内の6千以上の食品生産施設がGFSI承認の認証プログラムで認められるか、認証に通じるGFSIグローバル・マーケット・プログラム(Global Markets Programme)を開始する目標年に設定しました。

世界食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)の日本ローカルグループは、2020年世界中から数千人のアスリートとスポーツファンを東京に受け入れるため、国内の6千以上の食品生産施設がGFSI承認の認証プログラムで認められるか、認証に通じるGFSIグローバル・マーケット・プログラム(Global Markets Programme)を開始する目標年に設定しました。

査読済みの研究論文がGFSIの集団的業界成果を高く評価

世界食品安全イニシアチブ(GFSI、The Global Food Safety Initiative)は、Journal of Food Protection(ジャーナル・オブ・フード・プロテクション)で新たに公表され、査読された研究論文「Impact of the Global Food Safety Initiative on Food Safety Worldwide: Statistical Analysis of a Survey of International Food Processors」(世界の食品安全における世界食品安全イニシアチブの影響:国際食品加工業者の調査に関する統計分析)の対象として取り上げられた。

世界食品安全イニシアチブ(GFSI、The Global Food Safety Initiative)は、Journal of Food Protection(ジャーナル・オブ・フード・プロテクション)で新たに公表され、査読された研究論文「Impact of the Global Food Safety Initiative on Food Safety Worldwide: Statistical Analysis of a Survey of International Food Processors」(世界の食品安全における世界食品安全イニシアチブの影響:国際食品加工業者の調査に関する統計分析)の対象として取り上げられた。

@myGFSI

最新の動画

  • CGF 2017 Summit GFSI Danny Wegmans
  • Using GFSI to Overcome Challenges in a Myanmar Fish Co-operative #GFSIwebseries

さらに動画を見る

Latest Video

  • CGF 2017 Summit GFSI Danny Wegmans
  • Using GFSI to Overcome Challenges in a Myanmar Fish Co-operative #GFSIwebseries

さらに動画を見る

最新のニュース

  • 「世界食品安全会議2018」 日本で初めて2018年3月5日~8日に開催 食の安全への取り組みが最重要課題に - 2018/02/05

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、2018年3月5日(月)から8日(木)の4日間、グランドニッコー台場 東京(東京都港区)にて年次会議「世界食品安全会議2018 (www.tcgffoodsafety.com/ja/)」を開催します。2000年に設立されたGFSIは、世界中の消費者に安全な食品を届ける上で確かな信頼を築くため、食品安全マネジメントシステムの継続的改善を推進することをミッションに掲げ、世界的な活動を行っています。当日は、世界をリードする食品会社の代表者たちが一堂に集まり、業界の課題について考察します。日本で初めての開催となる今回は“いつでもどこでも安全な食を”(Safe food for consumers everywhere)をテーマに、参加者にとって有益な見識を提供すべく、より実践的なアプローチを図ります。

    世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、2018年3月5日(月)から8日(木)の4日間、グランドニッコー台場 東京(東京都港区)にて年次会議「世界食品安全会議2018 (www.tcgffoodsafety.com/ja/)」を開催します。2000年に設立されたGFSIは、世界中の消費者に安全な食品を届ける上で確かな信頼を築くため、食品安全マネジメントシステムの継続的改善を推進することをミッションに掲げ、世界的な活動を行っています。当日は、世界をリードする食品会社の代表者たちが一堂に集まり、業界の課題について考察します。日本で初めての開催となる今回は“いつでもどこでも安全な食を”(Safe food for consumers everywhere)をテーマに、参加者にとって有益な見識を提供すべく、より実践的なアプローチを図ります。

    続きを読む

  • グローバル視点とローカル視点が東京に集う - 2018/01/24

    世界が社会的な成長や政治的な変化を経験している時に、世界中からやってくるステークホルダーに出会い、民間企業や公的機関の垣根を越えて率直な議論と協力のために、世界食品安全会議に集うことは、新鮮味のあるものです。私たちは皆共通の目標、すなわち“すべての消費者に安全な食品を”を目指して活動しています。

    世界が社会的な成長や政治的な変化を経験している時に、世界中からやってくるステークホルダーに出会い、民間企業や公的機関の垣根を越えて率直な議論と協力のために、世界食品安全会議に集うことは、新鮮味のあるものです。私たちは皆共通の目標、すなわち“すべての消費者に安全な食品を”を目指して活動しています。

    続きを読む

  • 本会議以外でも、GFSC 2018参加者のための様々な機会があります - 2018/01/18

    世界食品安全会議は、食品安全の専門家が年に1回集う場です。参加者は、食品業界のリーダー達から話を聞き、学んだり、ネットワーキングしたり、知見やベストプラクティスを共有する機会を得ることができます。様々な内容が詰まったこの期間には、専門家による講演以外にも見どころが沢山あります。朝食セッション、ブレイクアウトセッション、テックトーク、そしてディスカバリーツアーでは日本の文化や歴史が体験できます。より良い計画をたてていただけるように、本会議以外で行われるすべてのエキサイティングな活動の詳細をまとめました。

    世界食品安全会議は、食品安全の専門家が年に1回集う場です。参加者は、食品業界のリーダー達から話を聞き、学んだり、ネットワーキングしたり、知見やベストプラクティスを共有する機会を得ることができます。様々な内容が詰まったこの期間には、専門家による講演以外にも見どころが沢山あります。朝食セッション、ブレイクアウトセッション、テックトーク、そしてディスカバリーツアーでは日本の文化や歴史が体験できます。より良い計画をたてていただけるように、本会議以外で行われるすべてのエキサイティングな活動の詳細をまとめました。

    続きを読む

さらにニュースを見る

最新のブログ投稿記事

  • フードサプライチェーンを守る - 2018/01/23

    犯罪とテロリズム – フードサプライチェーンを考えるときに頭に浮かぶ最初の言葉ではありませんが、悪意のある行為から身を守るためのフードディフェンス(食品防御)の概念がますます重要になってきています。

    犯罪とテロリズム – フードサプライチェーンを考えるときに頭に浮かぶ最初の言葉ではありませんが、悪意のある行為から身を守るためのフードディフェンス(食品防御)の概念がますます重要になってきています。

    続きを読む

  • 進化したコンシューマー・インサイト分析 - 2018/01/10

    近年食品業界では、人々の購買方法の根本的変化を感じています。これらの変化をマーケティング担当者やジャーナリスト達が精査分析した内容については、多数報道・出版されており目に触れる機会も多いと思います。

    近年食品業界では、人々の購買方法の根本的変化を感じています。これらの変化をマーケティング担当者やジャーナリスト達が精査分析した内容については、多数報道・出版されており目に触れる機会も多いと思います。

    続きを読む

  • GFSIは2018年、設立18年になりました。 私たちが何をしたのか、どこに行くのか - 2018/01/03

    2018年にGFSIは18歳になりました。私たちは長い道のりを歩み、大きな成果を上げましたが、私たちはまだたくさんのことをしています。私たちが新年を迎えるにあたって、どこにいたのか、またどこに行くのかを考えてみましょう。

    2018年にGFSIは18歳になりました。私たちは長い道のりを歩み、大きな成果を上げましたが、私たちはまだたくさんのことをしています。私たちが新年を迎えるにあたって、どこにいたのか、またどこに行くのかを考えてみましょう。

    続きを読む

さらにブログ投稿記事を見る